【ライブレポート】竹島 宏、バースデーライブに「これからは大人の歌謡曲を歌っていきたい」

ツイート

竹島 宏が10月31日、東京・ホテル椿山荘東京にて<竹島 宏バースデーライブ2021>を開催した。

◆公演写真

本公演は当初、自身の誕生月でもある8月に開催が予定されていたが、緊急事態宣言下ということもあり10月31日まで延期となった。

竹島は「皆様の元気なお顔を見ることができて嬉しく思います。このような状況で来られなかった方々の分も思いっきり楽しんでください!」と挨拶し、「夜明けの夢」でライブは幕開け。前半は自身の曲のほかにも、大橋純子の「シルエット・ロマンス」、森 進一の「東京物語」、喜納昌吉の「花」、スターダスト☆レビューの「木蘭の涙」と誰もが知っている名曲をカバー、多くの観客が竹島の歌声に釘付けになった。


「デビュー20周年を迎え、これからは大人の歌謡曲を歌っていきたい。心の中に芽生えた感情や想いを歌に乗せて皆様に届けていきたい」と語り、会場は拍手に包まれた。

後半は白のジャケットに身を包んで、バンドの演奏と共に登場。6月に発売されたNHK BS時代劇『大富豪同心2』の主題歌でもある「向かい風 純情」をキレのあるダンスと共に熱唱した。歌い終わった直後、サプライズで「Happy birthday to you」の演奏が始まり、大きなバースデーケーキがステージに。自身で「Happy birthday to me~♪」と歌い蝋燭を吹き消すと、会場には笑いと拍手が沸き起こった。

ライブ終盤では自身の20周年を振り返りながら「この20年間なかなかうまくいかないこともあったけれど、僕の思いとは裏腹に強靭な心を持つ逞しいファンの皆様のエネルギーにいつも支えられています。これから先どうなるか分からないけれど、嬉しい報告がたくさんできるように、これからも前向きに頑張っていきたいと思います」と涙ながらに語り、8月に発売されたばかりの20周年記念曲「プラハの橋」を歌唱した。

アンコールの拍手が鳴りやまぬなか、再び竹島は壇上に登場。「プラハの橋」のカップリング曲「君の明かり」を歌い、続けてカバー曲「Far away」を披露し、最後は観客とのエアーハイタッチで幕を閉じた。

デビュー20周年を迎えた竹島 宏。圧巻のステージを繰り広げ、ファンを夢の世界に誘う竹島の“カーニバル”からまだまだ目が離せない。
 

■公演概要

<竹島 宏バースデーライブ 2021>
2021年10月31日(日)
会場:東京・ホテル椿山荘東京
[セットリスト]
1.夜明けの夢
2.函館哀愁
3.禁じられた想い
4.シルエット・ロマンス(カバー)
5.恋町カウンター
6.東京物語(カバー)
7.花(カバー)
8.木蘭の涙(カバー)
9.生きてみましょう
10.向かい風 純情
11.黄昏色の恋人
12.僕がどんなに君を好きか、君は知らない(カバー)
13.はじめて好きになった人
14.紫の月
15.泣きぬれて…
16.プラハの橋
17.君の明かり
18.Far away(カバー)

■ライブ情報

<竹島 宏ライブ 赤レンガ♡デート>
2021年11月13日(土)
会場:神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
1.13:00開場/13:30開演
2.16:00開場/16:30開演
料金:全席指定6,500円(税込)/当日プラス500円
※申込み受付中
[申込み]
・チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:201-388)
・ローソンチケット https://l-tike.com/(Lコード:73187)
・イープラス  http://eplus.jp(インターネット販売)
・オフィスK TEL:03-6416-8867(平日10:00~18:00)

この記事をツイート

この記事の関連情報