サミー・ヘイガー「デイヴィッド・リー・ロスに対し、俺はなんら問題を感じていない」

ツイート

サミー・ヘイガーとデイヴィッド・リー・ロスには不仲説が流れているが、ヘイガーによると彼らの間に争いごとはなく、ヘイガーはロスに関し、何の問題も感じていないそうだ。

◆サミー・ヘイガー画像

ヘイガーは、米ラジオ局96.3 KKLZの番組『The Mike & Carla Morning Show』でこう話した。「彼と俺の間に争いなんてない。正直に言って、俺はデイヴに対し、なんら問題を感じていない。彼が俺をどう思っているかは知らないが、いつも競争心を抱いているんじゃないかと、俺は思う」

「彼は、“俺がヴァン・ヘイレンだ”って旗を振り上げる必要があるって思っているんじゃないかな。なぜなら、俺はヴァン・ヘイレン加入前にソロ・キャリアを築いていた。モントローズがあり、チキンフットがあった。デイヴにはヴァン・ヘイレンだ。だから、彼はそれにしがみつく必要があるんじゃないかな。でも、俺にはそんなことどうでもいい。もし、誰かから“おお、あなたがヴァン・ヘイレンにいたの知らなかった”って言われても、“えーっ”って答えるだけだ」


サミー・ヘイガーは現在、サミー・ヘイガー&フレンズとしてラスベガスで長期公演中。デイヴィッド・リー・ロスも年末年始に同地で長期公演を開催する。彼はひと月ほど前、この公演を最後にリタイアすると宣言した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報