癌を克服したマーク・ホッパス、ハロウィン・イベントでパフォーマンス

ツイート

9月終わり、癌のない状態に戻ったと報告したブリンク182のマーク・ホッパスが、バンド・メイト、トラヴィス・バーカーがハロウィンに合わせ開催したストリーミング・イベント<House Of Horrors>に出演し、闘病後初めてパフォーマンスした。

◆関連画像、動画

ホッパスは、バーカー、Kevin “Thrasher” Gruftと共にイベントに参加し、「What’s My Age Again?」「The Rock Show」「Family Reunion」の3曲をプレイした。ホッパスはバットマンのコスプレで登場。配信元のNoCap Showsは火曜日(11月2日)、このパフォーマンス映像をYouTubeで公開した。




ホッパスは4月、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫のステージ4だと診断され、化学療法を開始。8月にそれが終了し、ひと月ほど前、「がん専門医に会ってきたところだ。僕にがんはない!!」との朗報をもたらした。

バーカー主催の<House Of Horrors>には、ホッパスをはじめ、バーカーの友人たち、アヴリル・ラヴィーン、マシン・ガン・ケリー、ブラックベア、イアン・ディオール、jxdnらが出演し、ハロウィンの時期、NoCap Shows(Nocapshows.com)から有料配信された。





Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報