スラッシュ、『4』レコーディング中にメンバーが続々とコロナ感染

ツイート

スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレーターズは、来年2月にリリース予定のニュー・アルバム『4』をレコーディング中、メンバーが続々と新型コロナウイルスに感染し、制作過程に支障が生じたそうだ。

◆スラッシュ画像

スラッシュは、ドイツのRadio Regenbogenのインタビューで、「このアルバムでの面白い逸話といえばCOVIDだ」と話した。「俺ら、(レコーディングが行われた)ナッシュビルへ行くのにツアー・バスを使ったんだ。身を守るため、公共の交通機関は避けた。で、レコーディングをし、オーヴァーダヴをやろうとしてたとこで、マイルスから電話があり、“検査結果が陽性だった”って言われた。その後、2人が陽性となった。それで、彼らは自己隔離しなきゃいけなくなった。まだパーカッションとバックグランド・ヴォーカルが残っていたが、中断だ」

「先にミックスに取り掛かることにし、その後、バックグラウンド・ヴォーカルを隔離生活送っていたゲスト・ハウスでレコーディングしたんだけど、彼らが良くなったら、今度は俺が陽性と出た。俺が隔離される番だ。でも、俺はワクチン受けていたから、数日だけで済んだ。それからパーカッションしてミックスして、家に戻ったんだ。あれは特殊な体験だった」


スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレーターズは、2018年リリースの『Living The Dream』以来約3年半ぶり、通算4作目となる『4』を創立されたばかりのGibson Recordsから2月11日にリリース。2~3月に北米ツアーを開催する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報