マネスキン、ザ・ローリング・ストーンズのオープニング・アクトを体験

ツイート

今年5月、<ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト>で優勝しブレイクしたイタリアのロック・バンド、マネスキンが、11月6日に米ラスベガス、アレジアント・スタジアムで開かれたザ・ローリング・ストーンズの公演にオープニング・アクトとして出演した。

◆マネスキン画像

マネスキンは、ミック・ジャガーやキース・リチャーズと撮影した写真をSNSに投稿し、「なんて夜。ありがとう、ザ・ローリング・ストーンズ。空前絶後、最高の思い出」と、その素晴らしい体験について言及している。

ミック・ジャガーもマネスキンとの写真をTwitterに投稿し、「マネスキンとベガスで素敵な夜」とつぶやいた。ミックはステージ上でも、マネスキンに感謝の言葉を口にしたという。

マネスキンは、アメリカでも「Beggin'」「MAMMAMIA」がヒット。この夜は、「In nome del Padre」や「Zitti e buoni」「Take Me Out」「Somebody Told Me」「Beggin'」「Coraline」「For Your Love」「MAMMAMIA」「I Wanna Be Your Dog」「I Wanna Be Your Slave」をパフォーマンスしたそうだ。







ザ・ローリング・ストーンズの北米ツアー(9月26日~11月23日計14公演)では、これまでThe Revivalists、Ghost Hounds(5公演)、The Glorious Sons、ブラック・ピューマズ、フアネス、マネスキンがオープニング・アクトを務めている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報