ティアック、ユニバーサル式トーンアーム採用のターンテーブル「TN-350-SE」、ナイフエッジトーンアーム&外掛け式ベルトドライブの「TN-3B-SE」

ツイート

ティアックから、ベルトドライブ方式を採用したスタイリッシュなアナログターンテーブル2機種が登場。ユニバーサル式トーンアームを採用したスタンダード機「TN-350-SE」、外掛け式ベルトドライブ方式を採用した上級機「TN-3B-SE」が11月下旬より順次発売される。

■TN-350-SE

「TN-350-SE」は、細部の仕上げまでこだわった美しい木目のスタイリッシュな筐体に、MM型カートリッジ対応フォノイコライザーアンプとフォノ/ライン出力を搭載したベルトドライブ式アナログターンテーブル。カラーはチェリー。

ユニバーサル式トーンアームを採用し、好みのユニバーサル式ヘッドシェルやカートリッジに付け替えて好みの音質を追求するといったレコード再生ならではの楽しさを味わうことができる。MM型フォノイコライザーアンプを搭載しているので、フォノ入力を持たないアンプにも直接接続可能。さらにフォノ出力に切り替えて手持ちのフォノイコライザーアンプやアンプのフォノ入力に接続することも可能だ。


▲アルミ・ダイカスト製プラッター(左)を高トルク型DCモータで駆動する2スピードベルトドライブ式。アンチスケーティングや針圧の微調整が可能なトーンアーム基部(右)。

内蔵フォノイコライザーアンプには新日本無線製オーディオ用高精度オペアンプNJM8080を採用。低歪みで高音質なレコード再生が楽しめる。高い読み取り精度で定評のあるaudio-techinica製MM(VM)型カートリッジ(AT100E相当)を装着済みで組み立ててすぐに明瞭で表現力の高い音が味わえる。

■TN-3B-SE

▲TN-3B-SE/B(ピアノブラック)


▲TN-3B-SE/CH(チェリー)

「TN-3B-SE」は、外掛け式ベルトドライブを採用したターンテーブルの上級機。こちらもスタイリッシュな薄型キャビネットにMM型カートリッジ対応フォノイコライザーを搭載。カラーはチェリーとピアノブラックの2モデルをラインナップする。

トーンアーム部にはハイエンドトーンアームブランドのSAEC社とのコラボレーションにより、可動部にナイフエッジを用いた新開発のトーンアームを採用。通常のベアリング構造では見られない分解能の高いサウンドが得られるようになった。

プラッターの駆動には外掛け式ベルトドライブを採用することで、モーターのコギングがプラッターの回転に与える影響を最小限にし、よりなめらかで高精度な回転を実現した。


▲TN-3B-SEは高性能ターンテーブルでは望めなかったスタイリッシュな薄型デザインを実現するため、ボトムカバーには薄くても剛性を損なわないよう、内側をハニカム構造を採用し剛性を高めるとともに不要な鳴きが発生するのを防ぐ。TN-3B-SE、TN-350-SEともにダストカバーが付属。

フォノイコライザーは新日本無線製のオーディオ用高精度オペアンプNJM8080を採用。フォノ入力を持たないシステムにも直接接続可能だ。

カートリッジには「AT-VM95E for TEAC」を採用。空気感の表現力に優れる楕円針とナイフエッジトーンアームの組み合わせにより、ナチュラルでバランスの整った解像度の高いサウンドを、購入後すぐに楽しむことができる。

製品情報

◆TN-350-SE
カラー:チェリー
価格:オープン(ティアックストア価格 49,280円 税込)
発売日:2021年11月下旬
◆TN-3B-SE
カラー:チェリー(TN-3B-SE/CH)、ピアノブラック(TN-3B-SE/B)
価格:オープン(ティアックストア価格 69,080円 税込)
発売日:2021年11月27日(チェリー)、2022年1月末(ピアノブラック)
この記事をツイート

この記事の関連情報