I Don’t Like Mondays.、最新曲「美しき世界」リリース決定「史上一番悩み抜いた曲です」

ツイート

I Don’t Like Mondays.が、最新曲「美しき世界」を12月1日(水)に配信限定リリースすることが決定。併せて、ジャケットアートワークも公開された。

◆ジャケット

今作は“I Don’t Like Mondays.(アイドラ)が醸し出す洋楽感×J-POPトレンドでもある転調”をコンセプトに、今にも踊り出したくなるような疾走感あるドラムサウンドと高揚感あるギターリフとが相まった、新境地を示す一曲に仕上がっている。リリース同日にはミュージックビデオの公開も予定しているとのことだ。

また、この楽曲はイヤホンブランド「NUARL(ヌアール)」とのタイアップソングで、NUARLが実施する、商品の購買という経済活動が社会貢献に自然に寄与するという新たな試みにもアイドラが協力することが決定している。

NUARLのコンパクト完全ワイヤレスイヤホンN6MINI2SE (RED)にI Don't Like Mondays.のロゴを刻印した特別モデルを、2021年11月12日(金)より期間限定で受注生産。この商品の売り上げの一部は、日本赤十字社の活動を支援する義援金として寄付される。

▲ジャケット

■YU(Vo)コメント
スピード感のある曲を作りたいと制作を進めている中、ビートトラックができた段階で、そのデモを繰り返し聴いていたら、「人生とはダンスである。」という言葉が浮かんできました。
僕が好きな格言的なモノの一つなのですが、これをうまく自分なりのストーリーに落とし込めないかなと考えました。
孤独な青年が現実に嘆きもがく中で見つけたこの世界における一つの真理。
それがこの曲を通じて、表現したかったものです。

■SHUKI(Dr.)コメント
間違いなく僕たち史上一番悩み抜いた曲です。
それと同時に、今までで一番刺激的な曲かもしれません。
2021年に音楽をする意味を今一度見つめ直して、辿り着いた結論がこの曲です。
新しい試みにはいつも苦難を伴いますが、また一つ自分自身という殻から抜け出せた気がします。
とにかく疾走感とギミックを大事にして、音楽セオリーもほどよく裏切りつつ、最後に僕たちの色を乗せたことで、日本人としてのアイデンティティが色濃く出た気がします。
この曲で月曜日の憂鬱を吹き飛ばして下さい。

リリース情報

タイトル:美しき世界
配信日:2021年12月1日(水)
タイアップ:NUARL(ヌアール)

■NUARL(ヌアール)とは
NATURAL&NEUTRAL。ナチュラルな心地、ニュートラルな存在。日常のなかに自然に馴染むプロダクトであること。素材、形状、テクノロジーなど、あらゆる要素から導き出される機能美と過剰にデザインを施さない静かなカタチ、共にある時間。それらすべての関係性がバランスよく巡っていくような、心地よく在るモバイルプロダクトを提案する為に日本で産まれた新しいブランドです。NUARLの製品は日本で開発され、そのデザインは日本国内のインダストリアルデザイナーに外注して作られています。

I Don't Like Mondays. ロゴ刻印入り特別モデル
Yahoo:https://store.shopping.yahoo.co.jp/nuarl/n6mini2se-lr-logo.html
楽天:https://item.rakuten.co.jp/nuarl/n6mini2se-lr_logo/

ライブ情報

<I Don’t Like Mondays. "Black Humor Tour">
公演日程:2021年9月18日(土)~11月28日(日)
公演概要:https://idlms.com/news/337153

◆I Don't Like Mondays. オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報