浅井杜人、early Impulse9月度最優秀アーティストに決定。新曲「いれずみ」を配信リリース

ツイート


early Reflction主催オーディション企画「early Impulse」の9月度最優秀アーティストが浅井杜人に決定した。今回浅井が勝ち取ったのは9月度「early Reflectin賞」となり、12月29日に新曲「いれずみ」を配信リリースする。

浅井は熊本県出身、2000年産まれのシンガーソングライターで、アーティスト・コレクティブ「DENYEN都市」のメンバーとしても活動するなど、マルチなクリエイティビティを見せている。12月29日に配信リリースする「いれずみ」はエレキギターサウンドと浮遊感のあるシンセが印象的な楽曲になっている。

また、今回のジャケットは前作「フェアレディZ」のデザインを担当しているMao Shinodaが手掛けた。

early Reflctionはポニーキャニオンが運営するPR型デジタルディストリビューションサービス。「early Impulse」の企画の由来ともなっている「初期衝動」をふんだんに盛り込んだ、浅井のエネルギッシュな作品に注目が集まる。


■浅井杜人「いれずみ」
2021年12月29日配信
https://lnk.to/irezumi
(C)2021 浅井杜人
ジャケット担当:Mao Shinoda

浅井杜人プロフィール

熊本県出身、2000年産まれのシンガーソングライター。アーティスト・コレクティブ『DENYEN都市』のメンバーとして東京都を中心に活動し、同コレクティブでは歌唱の他、アートワークも担当する。幼少期より母の影響から70’s~90’sのロック、ソウルミュージックに触れて育ち、ギターを楽曲制作のメインに携えながらも、サンプリングを活かしたアブストラクトなサウンドが特徴。また、内省的かつキャッチーな詩世界を持ち、その感性はDENYEN都市の楽曲群にも見て取れる。

この記事をツイート

この記事の関連情報