CHEMISTRY、13年ぶり武道館ワンマン公演2022年2月開催

ツイート


CHEMISTRYが、デビュー20周年を締めくくる集大成として、2022年2月23日(水・祝)に武道館にてアニバーサリー・ツアー最終公演<CHEMISTRY 20th anniversary LIVE最終章『PIECES OF A DREAM』>を開催することを発表した。

デビュー曲と同タイトルが付けられた武道館公演は、20周年イヤーを駆け抜けたCHEMISTRYの最終章であるプレミアムな公演として行われる。なおCHEMISTRYが武道館でワンマンライブを行なうのは、2008年11月以来、約13年ぶりだ。



また、現在20周年を記念したプロジェクトとして、「PIECES OF A DREAM」を筆頭に初期の代表曲5曲をリメイクし、連続配信リリース中のCHEMISTRY。本日、そのリメイク楽曲群の中から、最新ミュージックビデオ「PIECES OF A DREAM feat. mabanua」が公開された。同曲のサウンドプロデュースをつとめたプロデューサー/ドラマーのmabanuaも出演しており、CHEMISTRY、mabanuaの演奏シーンに加えて、デビュー当時も含む貴重なライブ映像の数々がインサートされ、20年間の活動を振り返るエモーショナルな仕上がりになっている。なお、CHEMISTRYは今夜8時よりテレビ朝日『ミュージックステーション』2時間スペシャルに出演し、同曲を披露する。



<CHEMISTRY 20th anniversary LIVE最終章『PIECES OF A DREAM』>

2022年2月23日(水・祝) 日本武道館
開場16:00/開演17:00
チケット料金:指定席 SS席\13,000(税込)、S席\11,000(税込)、 A席\9,500(税込)
一般発売日:2022年2月11日(金祝)10:00~
▼FC”CHEMISTRY CLUB+”にて先行受付中 ※期間:11月12日(金)12:00~11月25日(木)23:59
https://chemistry-club.net/

この記事をツイート

この記事の関連情報