キング・クリムゾン、『メルトダウン~ライヴ・イン・メキシコ』をWOWOWで放送・配信。髙嶋政宏コメント映像も公開

ツイート

キング・クリムゾンの映像作品『メルトダウン~ライヴ・イン・メキシコ』が、11月21日にWOWOWで放送・配信される。

WOWOWではキング・クリムゾンの8度目の来日公演に先駆けて、2017年7月にメキシコシティで行なわれた公演の模様を世界初放送。本公演はキング・クリムゾン史上、最多人数となるトリプルドラム、ダブルカルテットの8人編成で行われた。

これを収めた映像作品『メルトダウン~ライヴ・イン・メキシコ』は、彼らの貴重なパフォーマンス、そして各メンバーのプレーに迫る作品に仕上がっている。故ビル・リーフリン在籍時の姿を捉えた最後の映像作品でもある。

また、WOWOWでは番組のスペシャル解説として、高嶋政宏の出演が決定。クリムゾンファンとして有名な高嶋政宏が、メキシコ公演の見どころはもちろんのこと、「クリムゾンの音楽は緊張と弛緩」といった高嶋語録も飛び出すほどの熱量の高い解説を行う。なお、高嶋政宏は本編の前の登場となる。

さらに、放送・配信に先駆け、高嶋政宏のコメント映像がWOWOW番組サイトに公開された。来日公演への期待、クリムゾンとの出会いやクリムゾンの魅力などを熱く語った映像となっている。クリムゾン愛が止まらず、前代未聞の30分にもわたる長尺コメントになっており、分割して随時公開されていく。

※高嶋政宏の「高」は、はしごだか

番組情報

『キング・クリムゾン メルトダウン~ライブ・イン・メキシコ』
11月21日(日)午後4:30 [WOWOWライブ] [WOWOWオンデマンド]
※放送終了翌日から1週間アーカイブ配信あり

楽曲:Neurotica、Pictures Of A City、Cirkus、Dawn Song、Last Skirmish、Prince Rupertʼs Lament、Epitaph、Devil Dogs of Tessellation Row、Fracture、Islands、Indiscipline、Peace-An End、Easy Money、Interlude、The Letters、Sailorʼs Tale、CatalytiKc No.9、Fallen Angel、The Talking Drum、The Larksʼ Tongues In Aspic Part II、Starless、The Hell Hounds of Krim、21st Century Schizoid Man

収録日:2017年7月14日~19日
収録場所:メキシコ・メキシコシティ テアトロ・メトロポリタン

WOWOWご加入の方限定
抽選で6名様にキング・クリムゾンの音楽商品またはTシャツをプレゼント。詳しくは番組サイトへ
番組サイト:https://www.wowow.co.jp/king-crimson/

◆番組サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報