EUPHORIA、最後のワンマンライブで新ユニット・BOPの始動を発表

ツイート

EUPHORIAが11月14日に東京・SHIBUYA DIVEにて、EUPHORIAとしての最後のワンマンライブを開催した。

EUPHORIAは総合男装エンタテイメントプロジェクト「dreamBoat」の最年少グループとして2019年8月28日にシングル「NEW HORIZON」でデビュー。グループ名に込められた“多幸感・幸福感で関わる人みんなを幸せに包む”という願い通リ、リリースイベントやライブでは妥協のないパフォーマンスと温かいメッセージを届け、ファンとのコミュニケーションを大切にして、シングル5作、そして2021年8月に1stアルバム『EUPHORIA』をリリースしてきた。

今回、2021年7月にEUPHORIAをけん引してきた詩織叶逢が卒業を発表。そして碧井湊都も11月14日のワンマンライブをもって活動終了となった。

ライブではデビューより発表してきたオリジナル楽曲、全17曲を歌唱。アンコール終了後には、翔咲心、海憧乙綺、彩浪遥斗(あやなみはると)、流雅真紗斗(りゅうがまさと)による4人組の新ユニット・BOP(読み:ビーオーピー)が12月4日に東京・神田明神ホールで行われる<#だんぱら_フェス4>から始動することが発表された。

ユニット名の“BOP”は“Best OverPowered”の略で、その意味である“最高に圧倒的であれ”をテーマに結成。なお「bop」の単語自体は、スラングで「めっちゃいい曲」「神曲」という意味があり、元々はbe-bopのBop(パップダンスを踊る)が由来とのことだ。

今回、彩浪遥斗と流雅真紗斗のビジュアルは明かされず、全ては12月4日の<#だんぱら_フェス4>にて解禁され、新グループBOPのストーリーが始まる。

■リリース情報

EUPHORIA 1st Album『EUPHORIA』
2021年8月25日発売 全18曲収録
初回限定盤:TECI-1734/¥4,950(税込み) CD+DVD
通常盤:TECI-1734/¥3,300(税込み)CD

■ライブ情報

<#だんぱら_フェス4>公演概要
2021年12月4日(土)
会場:東京・神田明神ホール
【1部】開場 13:00 / 開演 13:30
【2部】開場 17:00 / 開演 17:30
[問]サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

【チケット情報】
自由席:5,000円(税込・入場時別途ドリンク代必要・整理番号付き)
※6歳未満入場無料・小学生以上有料/小学生以下は要保護者同伴
主催:BSフジ
企画:ケイダッシュステージ
協力:TEICHIKU ENTERTAINMENT

一般発売日
2021年11月13日(土)10:00~
https://l-tike.com/dreamboat/
※WEB販売のみ

この記事をツイート

この記事の関連情報