乃木坂46、生田絵梨花が最後のセンターを務める「最後のTight Hug」MV公開

ツイート


2021年12月15日(水)に発売される乃木坂46初のベストアルバム『Time flies』のリードトラックであり、現在先行配信シングルとして配信中の新曲「最後のTight Hug」のミュージックビデオが公開された。

グループを年内いっぱいで卒業する生田絵梨花が最後のセンターを務める「最後のTight Hug」。10月中旬頃、長野県内にて2日間撮影されたというミュージックビデオの映像は、とある村の祭りの日に、そこから旅立っていく者(生田絵梨花)への気持ちを言葉ではなく踊りで伝えるという1日を描いている。撮影した2日間の天気予報は雨だったものの、1日目は晴れ、2日目の朝は豪雨にもかかわらず、撮影時に晴れ間が見えるという天候で、その度に生田絵梨花は他のメンバーから「何度目の青空か?」と言われていたそう。また、映像に出てくる花の道を「行進」「ロード」と現場では呼ばれていたそうだが、撮影の度に花を直し花籠に詰め直す作業を行なってはいたものの、天候は安定せず、急いで撮影しないといけない為、メンバー自らがスタッフと一緒に直しを手伝っていたというエピソードも届いている。











なお、学生の頃からTV-CMやミュージックビデオを手掛け、乃木坂46では「制服のマネキン」「シンクロニシティ」「Sing Out!」など数多くのミュージックビデオを手掛けた映像ディレクター:池田一真が監督として指揮を執った。


この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報