アイラヴミー、犯罪被害者支援プロジェクトにテーマ曲「話をしようよ」書き下ろし

ツイート

アイラヴミーが新曲「話をしようよ」を11月24日(水)にデジタルリリースする。

◆関連画像

「話をしようよ」は、彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター(埼玉県・埼玉県警察・公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター)犯罪被害者支援プロジェクトのテーマ曲として書き下ろされた楽曲。今作は「心の痛みに寄り添うということはどういうことだろう」と様々な思いを深くめぐらせ、犯罪被害に遭った方だけではなく、孤独を感じている人たちを独りにさせないという大きなテーマのもとに制作された。レゲエ、ヒップホップなどの要素も取り入れ、様々な境遇の人たちが互いに心と心を通わせ、思いやりを持てるようにという願いも込められている。


▲「話をしようよ」

また、「話をしようよ」は同プロジェクトのショートアニメーション『雲の上はいつも、晴れ』の主題歌としても使用されることが決定。突然の事件で父親を亡くした女子プロサッカー選手を目指す高校生の少女が、苦悩しながらも再び前を向いて歩いていく姿を描いたこの作品は、アニメ制作のすべてを尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科の学生が担当し、主人公の声優に埼玉県出身の竹達彩奈が参加している。

11月27日(土)には埼玉・イオンレイクタウン kaze 光の広場にて完成披露試写イベントが開催。あわせてアイラヴミーのミニライブも行われる。イベントに先駆けて、埼玉県警公式YouTubeチャンネルでは、本日11月17日(水)18時からアニメーションCMが公開される。

なお、楽曲はHIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポートしている。

   ◆   ◆   ◆

■アイラヴミー さとうみほの(Vo) コメント

今回、テーマソングのお話をいただいた時ドキッとした。
心に痛みを持っている人に寄り添うことができるだろうか。

姿形は似ている。
かなしいこと、うれしいこと、
似たような思い出も、ぼんやりあるかもしれない。
似たようなかなしみ、挫折もあるかもしれない。
でもその全部をわかるほど同じではない。

心に痛みを持っている人に寄り添う「うた」がうたえるだろうか。
それでも一緒にいられるうたを作りたかった。
心がひとりぼっちにならないように。

   ◆   ◆   ◆

■イベント情報

【犯罪被害者支援県民のつどい】
犯罪被害者支援ショートアニメーション
『雲の上はいつも、晴れ』完成披露試写イベント(試写イベント16:30~)
日時:2021年11月27日(土)13:00~
場所:イオンレイクタウン kaze光の広場
MC:元AKB48 松井咲子
出演:竹達彩奈、アイラヴミー、尚美学園大学学生

【埼玉県警公式YouTubeチャンネル/アニメCM】
2021年11月17日(水)18:00公開
https://youtu.be/V-6nWIKVBTQ

■リリース情報

デジタルシングル「話をしようよ」
2021年11月24日(水)リリース
配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/LetsChat

この記事をツイート

この記事の関連情報