ローランド、シンセサイザー用の追加音色や拡張音源が使い放題のサブスクリプション・サービスを開始

ツイート

ローランドが、シンセサイザー「JUPITER-X」「JUPITER-Xm」のサウンドや機能を強化する高品位なサウンド・コンテンツを「Roland Cloud」のサブスクリプション・サービスで提供開始し、サービス利用のためのスターター・キット『Roland Cloud Connect』を11月26日に発売する。

「JUPITER-Xシリーズ」は、ローランドのフラッグシップ・シンセサイザー。最新の音源「ZEN-Coreシンセシス・システム」と高い演奏性、高級感のあるデザインを兼ね備え、プロ・ミュージシャンやシンセサイザー・ファンから好評を得ている。


今回、「JUPITER-Xシリーズ」用の追加音色や拡張音源の提供を「Roland Cloud」のサブスクリプション・プランで開始。3万種以上用意された音色データをはじめ、拡張音源「Model Expansion」や「Wave Expansion」などの高度なサウンド・コンテンツも「JUPITER-Xシリーズ」で活用することが可能になる。クオリティの高い多彩な音色で、さまざまなジャンルの楽曲にもすぐに対応できるほか、新たな音源を追加することで独自のサウンドづくりに活躍。ライブ・ステージや楽曲制作での表現の可能性が広がる。


スターター・キットに付属のワイヤレス・アダプターをシンセサイザーのUSB端子に接続し、タブレット/スマホにインストールした専用アプリ(iOS/Android対応)とワイヤレスで接続。アプリでは「Roland Cloud」のライブラリから、追加音色や拡張音源の検索、試聴、インストールまで、素早く簡単に行える。「Roland Cloud」には、今後も多数のコンテンツが追加されていく。

『Roland Cloud Connect』には、ワイヤレス・アダプターに加え、「Roland Cloud」の有料サブスクリプション・プラン「Pro」(年額99USドル)が1年間無料で利用できる特典コードが同梱されている。『Roland Cloud Connect』は、日本全国の楽器店や家電量販店などで購入可能だ。

『Roland Cloud Connect』の発表と同時に、「Roland Cloud」で「JUPITER-Xシリーズ」専用のボーカル向け拡張音源の提供を開始。『Vocal Designer Model Expansion』をインストールした「JUPITER-Xシリーズ」に外部マイクを接続。歌いながら鍵盤を演奏することで、演奏情報を元に加工されたボーカルの音声を出力することができる。歌声に合わせたコーラス・パートを生成し、ボーカルに厚みを出したり、特徴的なロボット・ボイスや、近年ヒップホップやエレクトロニック・ミュージックで多用される独特の機械的なボーカル・サウンドを作り出すことも可能となる。

26種類のボーカル用シンセサイザー・サウンド、100種類以上のエフェクト(音声加工機能)を持つ『Vocal Designer Model Expansion』は、『Roland Cloud Connect』を購入し、特典コードを利用することで使用可能になる。


「Roland Cloud」は、音楽制作用のソフトウェアや高品位な音源を提供するクラウド・ベースのコンテンツ・サイト。無料の「Free」プランをはじめ、「Core」、「Pro」、「Ultimate」という3種類の有料メンバーシップを用意している。

この記事をツイート

この記事の関連情報