Musicom LAB、プロ仕様をさらに極めたループ・スイッチャー&MIDIコントローラー「EFX MK-VI」

ツイート

Musicom LAB(ミュージコムラボ)から、プロが求める高い要求を満たす充実の機能を備えた、柔軟で高機能なループ・スイッチャー&MIDIコントローラーが登場。「EFX MK-VI」(イーエフエックス ・ マーク ・ シックス)が発売された。

「EFX MK-VI」は、大規模会場でのライブからスタジオレコーディングまで、あらゆるプロフェッショナルの現場に応えるスイッチング&MIDI機能を搭載した「EFX MK-V」の後継機種。さらなる進化を遂げ、そのプロ仕様を極めた最新モデルだ。


11モノループ&1モノセンド/ステレオリターンループのトータル12オーディオループを装備。オーディオループ、ボリューム・コントローラー、外部フットスイッチ機能、プリセット、ソング、セットが追加、一新され、USB-MIDIにも対応するなど、最新MIDI機能へとアップデートされている。

注目は充実のフレキシブルなルーティング。プリセットごとにバッファー位置の設定、直列 or 並列接続、ループの音量調整、エフェクター接続順の変更、MIDI制御&スピルオーバー設定などが可能で、手持ちのエフェクターを存分に使いこなすことができる。さらにMusicom Lab Parallelizerをエフェクトミックスに追加してMIDI制御すれば、より奥深いサウンドメイクも可能だ。


ループ接続順の入れ替えや並列接続も可能。ループナンバーの順序に関係なく、自由に接続順の異なるプリセットを組むことができる。また、キャラクターの異なる歪み系エフェクターを並列にしたり「ドライ&ウェット」の設定ができないエフェクターでもミックス音を作ることができる。また、バッファーアンプはプリセットごとに前後移動が可能だ。

ディレイやリバーブなどの残響音を含んだプリセットから次のプリセットに切り替えるときに、残響音が終わるまでの間、前プリセットの音を残せるスピルオーバー機能も搭載。プリセットごとに設定を記憶させることが可能だ。

MIDI機能も充実。MIDIプログラムチェンジやコントロールチェンジの送信、接続したエクスプレッション・ペダルでのコントロールチェンジのリアルタイム操作、さらにBPM設定も可能。MIDI端子もINとOUT/THRUを備えているので、あらゆる接続に対応する。MK IVIはUSB端子も備え、PC/MacとのMIDI送受信が可能となっている。

製品情報

◆EFX MK-VI
価格:オープン(税込想定売価 105,050円)
発売日:2021年11月16日
この記事をツイート

この記事の関連情報