TASCAM、カラータッチパネルで直感的に操作できる次世代の8トラックハンドヘルドレコーダー「Portacapture X8」

ツイート

ティアック/TASCAMブランドから、タッチパネルで直感的に操作できる、32bit float録音対応の次世代8トラックハンドヘルドレコーダーがグローバル市場に向けて登場。音楽やフィールド録音からライブ配信、ASMRまで、シンプル操作で録音設定ができるTASCAMのハンドヘルドレコーダーのフラッグシップモデル「Portacapture X8」が11月27日に発売される。

2008年の第一号機発売以来、世界中のクリエーターに愛用されてきたTASCAMのハンドヘルドレコーダー「DRシリーズ」。作品発表の場をオンラインに求めるクリエーターの急増により、あらゆる分野で音をデジタル化する需要が拡大、作品のメッセージを確実に伝える上で重要な要素となる音の品質はクリエーターから大きな関心を集めている。


こうした多様化する音声収録市場に、目的の音を確実に高品質で収録したいというニーズに応えるべく開発されたのが「Portacapture X8」。ティアックが長年培った技術と経験により進化した高音質性能、使いやすさを追求した3.5インチのカラータッチパネルとアプリケーションランチャーシステムによるユーザーインターフェイスを搭載した、カンタン操作で高音質収録を実現する次世代のハンドヘルドレコーダーとなっている。


音楽、フィールド録音、ライブ配信、ASMR、インタビュー、Vlog、ポッドキャストといった収録シーンに対応した録音アプリを搭載。アプリランチャー画面からタップするだけのシンプル操作で録音操作を行い、ハイクオリティなレコーディングを実現する


注目はまったく新しいアプリランチャーシステムの搭載。各種楽器録音用のプリセットを備えた「ミュージック」、声の収録に特化した「ボイス」、自然や野鳥録音の設定を選べる「フィールド」の他、「マニュアル」「ポッドキャスト」「ASMR」の6つのアプリを用意。この中から収録シーンに応じたアプリをサークルスクロールで選択、起動すると瞬時に録音プリセットを呼び出す。わずらわしい設定は不要で収録に集中できる仕組みとなっている。さらに録音プリセットは、今後のアップデートで追加予定だ。


レコーダーとしての基本性能も充実している。マイク径14.6mmラージダイアフラムコンデンサーマイクを2つ採用し、True X-Y、A-B方式の録音に対応。マイクプリアンプは、ディスクリート回路を用いたHDDA(High Definition Discrete Architecture)を採用し、低ノイズでクリアな録音を実現する。音声処理ではデュアルAD変換と32bit float録音を行うことで、入力レベルを細かく設定することなく録音可能で、さらに編集時にステレオミックスの音量を調整するノーマライズ機能を搭載している。

ライブ配信やビデオ会議で活躍するUSBオーディオインターフェイス機能も大きな魅力。パソコンやモバイルデバイスのオーディオインターフェイスとして機能する。最大8チャンネル(6入力+2ミックス)の入力、2チャンネル出力と同時に、USBマイク、ミキサー、本体レコーダー機能を使用できる。たとえば、音声編集ソフトウェアでのナレーションを直接録音したり、OBS Studioを用いたライブ配信ではUSBマイクとミキサー機能を同時に使用することが可能。オンライン会議のUSBマイク機能と議事録用レコーダーを1台で実現できるのもポイントだ。


豊富な入出力も見逃せない。付属の脱着式ステレオマイクに加え、4系統のファントム電源対応XLR/TRSコンボジャックマイク/ライン入力、EXT IN、LINE OUTを搭載。映像クリエイター向けにCAMERA IN/OUT端子や、カメラマウント用コールドシュー、取付用カメラネジも装備する。


▲別売りのBluetoothアダプター「AK-BT1」でリモート操作も可能に。

別売りのBluetoothアダプター「AK-BT1」とiOS、Android対応の無償アプリ「Portacapture Control」を使用すれば、リモート操作にも対応。録音・停止などの基本操作に加え、「Portcapture X8」の録音アプリの起動や、ゲイン調整、ミキシング、エフェクトのパラメーターをワイヤレスで操作可能だ。

製品情報

◆8トラックハンドヘルドレコーダー Portacapture X8
価格:オープン(ティアックストア価格 65,780円 税込)
◆Bluetoothアダプター AK-BT1
価格:オープン(ティアックストア価格 4,378円 税込)
発売日:2021年11月27日

<Portacapture X8のおもな機能>
・3.5インチのカラータッチパネルディスプレーを採用し直感的な操作を実現
・アプリランチャーシステムの6つの録音アプリ、「マニュアル」、「フィールド」、「ミュージック」、「ボイス」、「ポッドキャスト」、「ASMR」による簡単設定
・4系統のロック付きXLR/TRSコンボジャック入力端子
 -個別にファントム電源(24V/48V)に対応
 -ディスクリート形式HDDAマイクプリアンプ搭載
・最大192kHz/32bit float 録音
・A-B方式とTrue X-Y方式の切り替えが可能なTASCAMハンドヘルドレコーダー最大クラスの14.6mm大口径コンデンサーマイクを搭載
・8IN/2OUTのUSBオーディオインターフェース機能
・最大8トラック(6トラック+2ミックス)のマルチトラック録音
・別売Bluetoothアダプター「AK-BT1」装着により、モバイルアプリ「Portacapture Control」からのコントロールが可能
・多言語メニュー表示に対応(英語/日本語/フランス語/スペイン語/ドイツ語/イタリア語/中国語/韓国語/ロシア語)
この記事をツイート

この記事の関連情報