ホワイトスネイク、女性ベーシストが加入

ツイート

ホワイトスネイクは火曜日(11月23日)、脱退したマイケル・デヴィンの後任として女性ベーシストのTanya O’Callaghanが加入したことを発表した。

◆ホワイトスネイク画像

バンドのオフィシャル・サイト(Whitesnake.com)では、「レイディース&ジェントルメン…ボーイズ&ガールズ…我らの最新のSnake…SNAKETTEと呼ぶべきか…を発表&紹介できとても光栄だ!!!」と告知し、O’Callaghanの写真や映像を掲載した。デイヴィッド・カヴァデールは「どういうわけか、ホワイトスネイクはこれまで女性ミュージシャンを迎えてこなかった…バッド・ボーイズ!!! でも、2019年M3フェスティバルで、俺らの友人Stephen AdlerのバンドでTANYAがパフォーマンスしているのを見て、俺らみんな、ぶっ飛んだ…電撃のパフォーマー…」と、コメントしている。

デヴィンが脱退するとなったとき、彼らが最初にコンタクトを取ったのがO‘Callaghanだったという。

O‘Callaghanは、「2022/23年開催される世界規模のフェアウェル・ツアーで、ホワイトスネイク/デイヴィッド・カヴァデールの仲間入りができるなんて、とんでもなく光栄」「ワイルドな旅を経て、これ以上いいことはないだろうと思っていたとき、あのホワイトスネイクから電話があった! 何よりも、私のベース・ブラザー達、ルディ・サーゾ、トニー・フランクリン、ニール・マーレイ、マイケル・デヴィンの後任スネイクになるなんて…ウソでしょ…信じがたい栄誉!!!」と、喜びを爆発させている。






ホワイトスネイクは、2022年5月にフェアウェル・ツアーをスタートする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報