河口恭吾、デビュー20周年アルバム発売に豪華アーティスト・著名人らからお祝いコメント

ツイート

河口恭吾のデビュー20周年記念アルバム『No Rain No Flower』が本日24日にリリースとなった。

今を遡ること2000年11月に「真冬の月」でデビューして以来、2003年に「桜」の大ヒットを記録。数々の浮き沈みを経験するもひたすらに自身のペースで音楽活動を歩み続けてきた河口が、2020年コロナ禍の中オリジナル曲「明日は晴れるだろう」(8/5配信リリース)を書き上げ、昨年11月からデビュー20周年に突入。彼がこれまで20年のキャリアで出会って親睦を深めてきた豪華なアーティスト達とコラボ作品を制作。これまで第1弾「マイ・アイデンティティー (feat. FLYING KIDS)」(2020/11/18)、第2弾「lai・lai・lai (feat. ISEKI)」(2021/3/17)、第3弾「ぬれ椿」(作詞・ジャケット原画提供:片岡鶴太郎)(6/23)、第4弾「Stay Blue (feat. 川崎鷹也)」(9/15)、アルバムのリード曲「Shibuya」(11/3)と順次配信リリース。常に人々の気持ちに寄り添い、人々を励ます楽曲を作り続けてきた河口恭吾の一つの集大成となる、オリジナル楽曲を含む全11曲のアルバムが遂にリリース日を迎えた。

さらに、これまでの20年のキャリアで出会い親睦と交流を深めてきた、豪華アーティスト・著名人達からお祝いコメントが到着している。詳細は以下。

■お祝いコメント(順不同)
鈴木雅之/藤井フミヤ/藤井尚之/佐藤竹善/安藤秀樹/片岡鶴太郎/浜崎貴司/斉藤和義/スキマスイッチ(常田真太郎・大橋卓弥)/中孝介/松井五郎/ ISEKI /川崎鷹也/いしわたり淳治

コメント掲載ページ:
https://www.kawaguchi-kyogo.com/comment

   ◆   ◆   ◆


20周年 おめでとう‼
縁あって、うちのプロダクションに来たのが20年以上前。
俺がレコーディングしているスタジオに遊びに来ては、
きっとその向こうに見える自分を写し出していたんだろう。

よくご飯も食べさせに行ったな(笑)

ほどなく「桜」がヒットして、ひなが飛び立つように
大空へ羽ばたいて行った。
嬉しかったよ。
あれから20年。
紆余曲折ありながら
まさに継続は力なり‼
今度またご飯食べに行こう。
あの頃おまえにいっぱい話したように、今度は20年分の思いをいっぱい聞かせてくれ‼

おめでとう
いつまでも
頼もしい後輩の河口へ
リーダーより

鈴木雅之

   ◆   ◆   ◆


20周年おめでとう!
恭吾君に書いてもらった曲は3曲あります。
どの曲も歌うとメロディーが不思議なほど自分にしっくりくるのは、
ギターで作られた曲だからなのでしょうか。
胸にキュンとくると言えばいいのか、どれもナイーブでセンチメンタルです。
また素晴らしい曲を私に書いてください。よろしく頼みますよ!

藤井フミヤ

   ◆   ◆   ◆


20年くらい前、私の海外レコーディング(L.A)を見学したいとついてきたのが出会いです。
恭吾は自分の世界をしっかり持っていて、曲も個性的で声もいいし、才能もある。
「ポップでキャッチーなモノやってみたら?」なんて偉そうに言っちゃったこともありましたが、
こうして今でもお互い音楽の世界で生きてるからね。
SAX入れたかったらすぐ行きますよ。これからも楽しく生きていこう!

藤井尚之

   ◆   ◆   ◆


昔、恭吾とスティービーワンダーの曲をデュエットした。
その歌を聴いた時(この男は無意識なのか?洋楽が洋楽たる所以が体に入りまくっとる)と思った。もちろん、洋楽的である事が邦楽的なものを勝っているなんてことは微塵もあるわけはない。ただ、言いたいのはきっと恭吾は聞いてきたたくさんの曲の「ステキなポイント」をちゃんとキャッチできる人なんだなあ、という事。そういう意味でのハイセンスさが、いまだ尽きず作品に表れているのが大好きです。

佐藤竹善

   ◆   ◆   ◆


河口へ
20周年おめでとう。もうそんなに経つんだね。桜の大ヒットはあの時まさに奇跡だと思ったぜ。(笑)しかし何よりも河口のキャラクターが好きです。そして人を喜ばせようと言う心根が素晴らしいと思います。俺より若いのにカールおじさんのようなヒゲ面も時に魅力的です。人が悲しい時、1番癒してくれるのは音楽です。そして優しさです。それを持っている河口恭吾。これからもどんどんその音楽を届けてください。

安藤秀樹

   ◆   ◆   ◆


この度は、デビュー20周年記念アルバムのリリース、おめでとう御座います。
記念すべきアルバムにコラボレーションさせて頂き、とても嬉しく感激しております。
長い間、多くの方々に愛され続けているのは、恭吾さんの素晴らしい歌声と歌詞、手腕によるものと改めて実感しております。
忙しい日々を御過ごしのことと存じますが、御自身の御身体には御気をつけ下さいませ。
これからも桜舞う季節を共に数えながら、末永く御付き合い、美しい歌声を御聴かせ下さいませ。
益々の御繁栄、心より御祈り申し上げます。

河口恭吾様
片岡鶴太郎拝

   ◆   ◆   ◆


20周年おめでとうございます。
いいアルバムが出来たみたいで、
それもまためでたいです。
アルバムタイトルの「No Rain No Flower」いいですね!
20周年にふさわしいタイトルですね。
次は25周年でまた曲書きます。

浜崎貴司

   ◆   ◆   ◆


河口くん20周年おめでとう!
なんといっても同郷。
何かと気になります。
先日、佐野でラーメン食べたよ。美味しかった!
これからもお互いがんばっぺ〜。
また飲みましょねー

斉藤和義

   ◆   ◆   ◆

河口くん!デビュー20周年、本当におめでとうございます!
付き合いとしてはもう25年近くなるのかと...たぶん原宿ルイードでファンクラブイベントに出て歌ってた河口くんをドラマーのダイスケから紹介してもらったのが最初になるのかと記憶してます。
そこから、当時はまだ何も始まってなかった僕の音楽人生を見事に劇的に変えてくれたのが河口くんでした。
数々の相談やライブのサポート鍵盤をやらせてくれたこともそうだし、何より2008年に一緒に作らせてもらったアルバム「HORIZONT」は僕のワークスの中でも未だに燦然と輝いている金字塔的作品です。
30歳前後のミュージシャンやエンジニアだけでどこまでメジャーシーンで戦えるかというテーマで一枚アルバムを作るなんてそうそうやらせてくれるものじゃないのに、河口くんの懐の深さは本当にアニキのようでした。
お互いにまだまだ生き残って音楽業界の縁にかじりつき続けて、そのうちまた一緒に何か面白いものが作れたらと、常日頃思ってます。長くなってごめんなさい。そうだ、次会った時は兄さんと呼ばせてもらいます…また目をつぶりながらツッコまれそうだけど…笑。

スキマスイッチ 常田真太郎

   ◆   ◆   ◆

河口くん!
20周年おめでとうごさいます!!
河口くんと初めて会ったのは確か、シンタくんに連れられて河口くんの事務所にお邪魔させてもらった時じゃなかったかなぁ??まだ僕らはデビュー前で、シンタくんが河口くんのサポートの鍵盤としてお仕事させてもらうことになった!と喜んでいて、それを聞いて僕はすごく羨ましく思ったのを覚えています。
その後、何年かして僕らもデビューしてどこかフェスの打ち上げ?でたまたま会いましたね!
もう全くそれがどこだったかは覚えてないのですが、、、笑
そう思うと河口くんとしっかりゆっくり飲みに行ったりした事もないですね。
そうだ!ない!!それはダメだ!
いつかサシで飲みに行きましょう!
ってか、20周年のお祝いにおごってください!!笑
おめでとうございまーす!!

スキマスイッチ 大橋卓弥

   ◆   ◆   ◆


20周年記念のニューアルバム、リリースおめでとうございます。
デビューする前から、恭吾さんの哀愁のある歌声に惹かれるものを感じていました。
僕がデビューしてまだ間もない頃、テレビの収録で初めて恭吾さんとお会いし、
その出会いから「サヨナラのない恋」「小さな手」という素敵な曲をいただきました。
何年経っても色褪せない、恭吾さんの感性と歌声で聴く人の心を癒してください!
今後とも公私共にどうぞ宜しくお願いします。
20周年、誠におめでとうございます!!!

中 孝介

   ◆   ◆   ◆

「歌作り歌歌いを生業にすることを夢見て始めたはずが、生業になると思っていたのとは違う風景に、戸惑う人は多いと思う。デビュー3年後の「桜」の大ヒットで見えた風景に、-河口恭吾-はなにを思ったのだろう。あれから17年、道は続いている。そして20周年記念アルバム「No Rain No Flower」ここまでどんな道だったかはこのアルバムを聴けば
わかる。そして、この人の歌は信じるに値する、そう思えた。表現者にとって周年は記念と同時に過去の清算でもある。恭吾君、道はこれからも続くんだね」

松井五郎

   ◆   ◆   ◆


河口さんからの「自由に、ISEKIくんらしくやって欲しい」という言葉に導かれ、
最後まで自由に楽しく制作させて頂きました。
キマグレン時代を彷彿とさせつつ、
河口さんの伸びのある歌声とのマッチがお気に入りの楽曲です。

縁が縁を呼び、
この記念すべき素晴らしい企画に参加させてもらえたこと、本当に感謝しております。
改めて20周年おめでとうございます!!

ISEKI

   ◆   ◆   ◆


河口恭吾さん、デビュー20周年、誠におめでとうございます。ゲストで出演させて頂いたあのラジオから、こうして同じ音を奏でることができて本当に幸せです。改めて貴重な経験と体験をありがとうございました。20年、30年と生き残り続ける曲を生み出すアーティストになることが夢の僕にとって、河口さんは手本のような方です。これからもその背中を見て、なんとか僕なりに食らいついていきます。また一緒に歌えますように。

川崎鷹也

   ◆   ◆   ◆

20周年おめでとうございます。時が過ぎるのははやいもので一緒に曲作りをしたのはもう10年近く前になるのですね。そのやさしい声でララララと歌われたメロディを聞いていると、勝手に景色が浮かんで、自然と言葉が繋がっていったのが懐かしいです。これからも素敵な歌を歌い続けてください。そしていつかまた一緒に作りましょう。

いしわたり淳治

   ◆   ◆   ◆

上記のコメント群も併せて、アルバムを手に取って聴いてほしい。

リリース情報

■デビュー20周年アルバム『No Rain No Flower』
2021年11月24日(水)リリース
CRCP-40627:¥3,000(税抜価格¥2,727)
※ジャケット原画提供:片岡鶴太郎

各音楽配信サイトはこちら:
https://lnk.to/norainnoflower

収録楽曲:
1. マイ・アイデンティティー (feat. FLYING KIDS)
2. lai・lai・lai (feat. ISEKI)
3. 明日は晴れるだろう
4. come back to me
5. 夜を汚して
6. Shibuya
7. 涙がこぼれる
8. ヘアゴムとアイライン
9. ぬれ椿
10. Stay Blue (feat. 川崎鷹也)
11. No Rain No Flower

▲『No Rain No Flower』

<20th anniv. 河口恭吾 「ALL YOUR SONGS」 supported by mont-bell>

2021年12月11日(土)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE
開場 17:15/開演 18:00
チケット代金:¥4,500(税込)ドリンク代別
チケット受付(各プレイガイド):https://www.kawaguchi-kyogo.com/live

この記事をツイート

この記事の関連情報