ザ・ビートルズのドキュメンタリー『Get Back』、ディズニーが罵り言葉を無修正に

ツイート
Photo by Ethan A. Russell (C) Apple Corps Ltd.

間もなくディズニーの公式動画配信サービス、ディズニープラスから独占配信されるザ・ビートルズのドキュメンタリー『ザ・ビートルズ:Get Back』で、ピーター・ジャクソン監督はディズニーから同社にとっては画期的な承諾を得ることができたという。

ジャクソン監督は、英国の『Radio Times』誌にこう明かした。「僕ら、ディズニーと不快な言葉遣いについて話し合わなくてはならなかった。ザ・ビートルズはリバプール出身の若者たちで、彼らは遠慮なく悪態をつく。攻撃的でもなく、性的な意味もない。僕らは、ディズニーに罵り言葉を含むことを承諾してもらった。それって、ディズニー・チャンネルでは初のことだと思う。彼らを現代的な気分にもさせたことだろう」

『ザ・ビートルズ:Get Back』は、日本でも11月25日(木)、26日(金)、27日(土)に、ディズニープラスにて3話連続見放題で独占配信開始となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報