ジューダス・プリースト、北米ツアーのオープニング・アクトはクイーンズライクに

ツイート
Photo by Justin Borucki

ジューダス・プリーストは、2022年3月からスタートする北米ツアーのオープニング・アクトにクイーンズライクを選んだそうだ。

ジューダス・プリーストの50周年を記念した<50 Heavy Metal Years>北米ツアーは、バンドの公式サイトによると、3月6日から4月13日までに21公演が開催される予定。このうち2公演(3月10日、21日)では、クイーンズライクの代わりにサバトンが参加するという。

『Blabbermouth』は、クイーンズライクは元々この時期、スコーピオンズのラスベガス長期公演のオープニング・アクトを務めるはずだったが、ジューダス・プリーストのツアーに参加するため、断ったようだと伝えている。先週、スコーピオンズの公演にはスキッド・ロウが加わると発表されていた。

ジューダス・プリーストは今週、2022年1月終わりからヨーロッパで開催予定だったオジー・オズボーンとのツアーが2023年に延期されたことを告知した。北米ツアーまでに、心臓の手術を受け療養中のリッチー・フォークナー(G)が全快し、ステージに復帰できるよう望まれている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報