BTS、約2年ぶりオフライン公演でARMYと再会「まるで夢のような時間」

ツイート

BTSの約2年ぶりとなる単独オフライン公演<BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA>が、米現地時間11月27日、28日にカリフォルニア州イングルウッドのSoFiスタジアムでスタートした。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆BTS画像

   ◆   ◆   ◆

BTSが約2年ぶりに対面コンサートを開催し、ファンに会った。

BTSは、今月27〜28日(以下、現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのSoFiスタジアムで<BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA>ツアーのコンサートを繰り広げた。2日間の公演で、10万6千人以上の観客がBTSと一緒に楽しいひと時を過ごした。

今回のコンサートは、BTSが2019年にソウルで行った <2019 BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF' [THE FINAL]>以来約2年ぶりに再開されたオフライン公演で、公演開始前から全世界の注目が集まった。

コンサートは華やかなセットと強烈なパフォーマンスで注目を集めた「ON」のステージで始まった。 BTSは続いて「FIRE」、「DOPE」、「DNA」と「Black Swan」、「Blood Sweat & Tears」、「Life Goes On」、「Dynamite」、「IDOL」、「Butter」、「Permission to Dance」など24曲を熱唱した。 先月24日に開かれたオンラインコンサートでは見られなかった「We are Bulletproof: the Eternal」、「I'm Fine」が追加されるなど、一部の公演セットリストがさらに盛り上がった。




2回目(28日)の公演では「Butter」のリミックスバージョンのフィーチャリングに参加したミーガン・ザ・スタリオンがサプライズゲストとして登場した。BTSは、ミーガン・ザ・スタリオンと一緒にステージを披露し、公演の雰囲気を最高潮に盛り上げた。 客席では数万人のファンがBTSのペンライト「ARMY BOMB」を振りながら歌い、ウェーブをするなど150分にわたる公演がさらに盛り上がった。

BTSは2日目の公演を終え、「皆さんにこうしてまたお会いできた。 昨日(27日)もまるで夢のような時間だったし、今もそうだ。 やっと僕らが、そしてこの歌が本来の姿を取り戻したような気がする。 ARMYの歓声、熱気、本当に見ているものを全てものすごく感じている。 今日、夢でもう一度コンサートをしよう」と胸いっぱいに感想を語った。




今回の公演では、スクリーンを通じてリアルタイムで公演を視聴できる<LIVE PLAY in LA>イベントも用意された。 世界中のファンはロサンゼルスにある専門公演場「YouTube Theater」に設置された大型スクリーンでコンサートを観覧し、感激の瞬間を共にした。

BTSは今回の<BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA>で新記録も更新した。 SoFiスタジアムは「BTSはSoFiスタジアム史上初めて4回公演をすべて完売させた。 彼らはまた、SoFiスタジアムで開催された単独バンドやアーティストによる公演の中でチケットの最多販売量を記録した」と明らかにした。

BTSは12月1〜2日にSoFiスタジアムで<BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA>の公演を行う。 ラスト公演(12月2日)は、ファンコマースプラットフォームWeverseショップで利用券を購入すると、生中継のリンクを通して視聴できる。

Photo (C)BIGHIT MUSIC

   ◆   ◆   ◆


この記事をツイート

この記事の関連情報