ジョージ・ハリスンが少年時代に住んでいた家、2,600万円で落札

ツイート
Photo by Barry Feinstein

ジョージ・ハリスンが6歳のときから12年間、家族と共に暮らしていた、英国リバプール郊外にある家が、今週(11月30日)オークションにかけられ、17万1,000ポンド(約2,600万円)で落札された。

オークションを主催したOmega Auctionsによると、落札したのはアメリカ人で、ザ・ビートルズ・ファンであると同時に、いい投資になると考えたという。

ジョージは1950年から1962年までリバプール郊外SpekeのUpton Green 25番地にあるこの家に暮らし、ここはザ・ビートルズの前身バンド、クオリーメンのリハーサルの場として定期的に使われていたそうだ。リフォームされているものの、バス、シンク、ドアなど、ジョージが住んでいた時代から残っているものもあるという。7年前には15万6,000ポンド(約2,400万円)で売買されていた。

リバプールに現存するジョージ縁の家では、このほか、彼の生家で6歳まで暮らした12 Arnold Groveが有名で、ザ・ビートルズ・ファンが訪れる場所となっている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報