ブライアン・メイ「クイーンはとても親しかったが、立ち入らない領域もあった」

ツイート
Photo by Denis O’Regan. (C) Queen Productions Ltd

ブライアン・メイによると、クイーンのメンバー達はとても親しい間柄だったものの、あえて話し合わない事柄もあったという。

フレディ・マーキュリーの命日(11月24日)、没後30年を記念し英BBCラジオ2が放送したインタビューで、ブライアンは、フレディの病について、彼が亡くなる直前までメンバーの間でじっくり話し合うことはなかったと語った。「短い会話を交わしたのは覚えているし、目を配る必要があるとは思ってた。でも、じっくり話し合うことはなかった。フレディは当然、あまり話してこなかったし。でも、僕の心の片隅、多分、全員の心の中で引っかかっていた。2年半くらい、フレディが何か患っているのはわかっていたが、長い間、それについて話すことはなかった。適切ではないように思えたからだ。ずい分経ってから、フレディから告白された。“僕がどうなっているのか、わかっているだろ。だよね”と言われた」

メンバー間で話が出なかったのはおかしいのではないかと問われると、ブライアンは「ああ、その通りだ。僕らはものすごく親しかった。でも、立ち入らない領域はあった」と答えた。「これがその1つだった。でも、フレディはそれで普通だと考えていたと思う。驚くかもしれないが、僕らは曲の意味についても話し合うことはなかったからね。曲を持ち込んだとき、“この曲は、何々について書いたものだ”なんてことは、誰も言わなかった。いつも、“これが新しい曲だ。歌詞はこれだ。聴いてみてくれ。そして、やってみよう”って感じだったんだ。“何のことを歌っているんだ? 何を言いたいんだ?”なんて、じっくり話したことはなかった」

フレディは1991年11月24日、45歳で死去。ブライアンは30回目を迎えた命日に、フレディの銅像のグラフィックと共に「今日、僕から言葉はない。ヴァネッサ、このグラフィックをありがとう。そして、今日、親愛なるフレディを称えてくれた君らみんなに感謝する」とのメッセージを投稿した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報