ジュース・ワールド、ジャスティン・ビーバーを迎えた新曲を2作目の遺作アルバムより配信

ツイート


2021年12月10日(金)にリリースされるジュース・ワールド2枚目の遺作アルバム『Fighting Demons』より、先行シングル「Already Dead」に続いて、ジャスティン・ビーバーを迎えた新たな先行シングル「Wandered To LA」が急遽リリースされた。

「Wandered To LA」のリリースに際し、ジュース・ワールドが生前に自身の抱えていた不安や悩みを吐露したり、近しかった彼のチームが「彼は変わろうとしていた」と語るトレイラー映像も公開された。トレイラーでは、ジャスティン・ビーバーも「みんなどれだけ深刻な状況か分からなかった」と、自身の苦しみを赤裸々に共有している。





また、12月9日にはジュース・ワールドを讃えるイベント<Juice WRLD Day>が行われる。彼が遺した新作アルバム『Fighting Demons』の収録曲を先行試聴したり、2021年12月16日にHBOで放送開始となるドキュメンタリー『Juice WRLD: Into the Abyss』のプレビュー、さらにゲストアーティストによるパフォーマンスなどが予定されている。

ジュース・ワールド&ジャスティン・ビーバー「Wandered To LA」


試聴・購入はこちら: https://umj.lnk.to/JuiceWRLD_WanderedtoLA 

この記事をツイート

この記事の関連情報