スラッシュ ft. マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレーターズ「新曲は犬のこと」

ツイート

スラッシュとマイルス・ケネディが、2月に発表するスラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレーターズのニュー・アルバム『4』から今週、音源を公開した新曲「Fill My World」について語った。

◆スラッシュ画像

スラッシュは、マイルスの書いた歌詞を深読みしていたが、マイルスは彼の愛犬をテーマにしていたのだという。

スラッシュは、同曲の制作過程についてこう話した。「音楽は、自分のスタジオにいるとき思いついた。まずオープニングのリフ、そして基盤となるコード・チェンジが頭に浮かび始めた。それを発展させるかどうか決めかねたが、録音しデモを作る必要があった。メンバーがどう思うかわからなかった。センチメンタルな感じだったからね。でも、マイルスに送ってみたら、彼は感動的な歌詞をつけて送り返してきたんだ。このダークな時代に俺ら全員が苦しんできた喪失について書いたんだと、俺は思った。そしたら、彼は自分の犬のことだって(笑)。俺は、“そうだよな、愛する誰かが何かに影響を受けているのを目にするって経験は誰にでもあるよな……”って言ったんだ」

マイルスは、窮地に陥った愛犬を目にし、彼の視点から歌詞を書いてみようと思ったそうだ。

「モーツァルトって名前のシーズーを飼っているんだ。彼はタフなフリをしているが、実際はそうじゃない。俺らある時、フライトが遅れ、家に帰ることができなかったんだ。すごい嵐だったんだよ。家には留守中の犬を見守るカメラがあるんだけど、彼は本当に震えあがっていた。見てて心が痛んだよ。そう、この曲のストーリーは、あのとき彼がどう考えていたかを想像したことから誕生したんだ。俺らに早く帰ってきてほしいという彼の切ない願いだ。人間同士の関係にも当てはまることができるだろう。でも、面白いと思ったよ。少なくとも俺にとっては、モーツァルトの気持ちを歌うんだから。実際、スタジオで歌っていて、声がちょっとかすれてしまった部分がある。じんと来たんだ。ああ、あの曲は間違いなく心を込めて歌ってる。認めるよ」

スラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ・アンド・ザ・コンスピレーターズの新作『4』は、2月11日にギブソン・レコーズからリリースされる。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報