ヤマハ、ピアニカやリコーダーの演奏動画を募集する「ピアニカ・リコーダー動画フェスティバル2022」を実施

ツイート

ヤマハは、ピアニカやリコーダーの演奏動画を募集するキャンペーン「ピアニカ・リコーダー動画フェスティバル2022」を、2021年12月17日から2022年2月28日まで実施。4つの賞を設け、受賞者には、ヤマハのサウンドバーやイヤホンなどの賞品が進呈される。

ヤマハでは2020年12月から2021年4月、コロナ禍でのエールソングをテーマとして、初となる「ピアニカ動画フェスティバル」を行い、子供や趣味で演奏を楽しむ大人、音楽活動をするアーティスト、ソロやグループ、バンドなど、さまざまな世代や演奏スタイルの作品が集まり好評を博した。今回は対象の楽器にリコーダーを加え、 さらに幅広く多くの人に楽器演奏の魅力を伝えたいと考えている。

動画のテーマは「じぶん色」。自分の息を使って豊かに表現することができるヤマハのピアニカ・リコーダーの特長を生かして、今の気持ちを表す個性あふれる動画を自身のYouTubeのアカウントに投稿することになる。

概要

ヤマハのピアニカまたはリコーダーで演奏した動画が対象です。複数名の場合は、ヤマハのピアニカ・リコーダーのいずれか1点を使用していれば対象となります。
※ヤマハのピアニカ・リコーダーに加え、ほかの楽器や歌唱などを含む演奏の動画も対象です。

●募集期間
2021年12月17日(金)9:00~2022年2月28日(月)23:30
●審査期間
2022年3月1日(火)~
●結果発表
2022年4月1日(金)
※下記「ピアニカ・リコーダー動画フェスティバル2022」ページに掲載します。
●審査員
ピアニカの魔術師ミッチュリー、 妹尾美穂(ピアニカ奏者)、 音楽教育推進協議会
●応募方法
下記「ピアニカ・リコーダー動画フェスティバル2022」ページの専用フォームに必要事項を入力
▼「ピアニカ・リコーダー動画フェスティバル2022」
https://jp.yamaha.com/products/contents/keyboards/pianica_fes/
●賞・賞品
「#ピアリコ動画フェス賞」
審査対象:ハッシュタグ「#ピアリコ動画フェス2022」が付いた、 演奏動画(URL)のSNS投稿
賞品:ヤマハ サウンドバー「SR-C20A」1名様
「テクニカル賞」
審査対象:難易度の高いテクニックを用いて演奏されている作品
賞品:ヤマハ 完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「TW-E3B」 1名様
「パフォーマンス賞」
審査対象:楽曲の世界観を含め、 さまざまな表現の工夫がされている作品
賞品:ヤマハ ミキシングヘッドホンアンプ「SessionCake SC-02」&マイク「DM105」 1名様
「リコーダーもいっしょYamaha賞」
審査対象:ヤマハリコーダーを用いて、 豊かな演奏表現ができている作品
賞品:REMOキッズボンゴ&ロリポップドラム 1名様
この記事をツイート

この記事の関連情報