PERSONZ、2021年を締めくくるライブで選りすぐりの楽曲を惜しみなく披露

ツイート

去る12月11日、大手町三井ホールにおいて本年最後のPERSONZのライブが開催された。この日を待ち侘びた多くのファンが開場前から長い列を作り、ライブへの期待を膨らませていた。<PERSONZ THE BEST GREATEST SONGS>と題されたライブはそのタイトル通り、PERSONZを代表する多くの曲の中からか選りすぐりの楽曲を惜しみなく披露したライブであった。

客電が落ちオープニングのSEが流れ始めると客席を埋めた待ちきれないオーディエンスは次々と立ち上がり、声援を送れない歯痒さを紛らわすように激しく手拍子を始める。それでもメンバーがステージに現れるとその表情はマスクで隠れていても笑顔になっているのが手に取るようにわかった。

5thアルバム『PRECIOUS?』に収録されている「MAYBE CRAZEE-I Love You-」でライブはスタート。黒を基調とした衣装を纏ったJILLはリーゼント風のヘアアレンジで、いつにも増してロックを感じさせてカッコイイ。そして昨年の10月に行った同じ場所での配信ライブを振り返り「去年は客席に誰もいなかったの。今日は素晴らしい!やっぱりライブはバンドとお客さんで作り上げるものだよね!」と笑顔を綻ばせるJILL。他のメンバーも少しずつ通常のライブの形態に近づいていることを喜んでいるその思いがこの日のバンドの音にも現れていたように感じた。



5曲目に披露された「Plastic Beauty」では柔らかそうなファーがついたピンクの帽子を被ってのパフォーマンス。本田のギターソロ前のベースの渡邉とドラムの藤田の掛け合いも会場を飽きさせない。

そしてアコースティックのメドレーでは普段のライブでは殆ど演奏されたことのない7曲を披露。このパートではドラムの藤田は最近導入したRoland HPD-20通称HandSonicと呼ばれるデジタルパーカッションを演奏。パーカッションの音だけでなくテルミンのような音が出たり、実に多彩なサウンドを操り新鮮なアンサンブル聞かせてくれた。


個人的にはフルで聴きたい曲ばかりセレクトされていて、PERSONZというバンドの懐の深さというか、ソングライティング能力の高さをまざまざと見せつけられたようで、尽きない可能性を感じたアコースティックパートであった。

ライブの後半は「BE HAPPY」や昨年リリースされた「I AM THE BEST」など、ジャンプしないではいられないメニューをズラリと揃え一気に会場を沸点へと導き「Future Star」で本編は終了した。

アンコールでは12月31日に誕生日を迎えるギターの本田を祝う演出もあった。その温かくも微笑ましいセレモニーの後に続いて演奏された「7 COLORS(Over The Rainbow)」「TOKIO’S GLORIOUS」などは30年ほど前にレコーディングされた曲ではあるが今の時代にも新鮮に響かせることができるのは、結成37周年を迎えてもなお日々進化を続けようとするバンドだけに与えられる特別な力がそうさせているのではないだろうか。



ダブルアンコールではJILLは全身シルバーのスパンコールのついた衣装で登場。コロナ禍で思うようにライブ活動ができなかった2年間を思い「早くマスクを取ってみんなで歌って笑える日が来るといいなと思います」と客席に語りかけた。この日のクライマックスと言っても過言ではない「Singin’In The Rain」ではその圧倒的なJILLの表現力で強く、深く、会場にいるオーディエンスの心を包み込んでいった。

「Singin’In The Rain」の歌詞にあるようにどんなことがあってもJILLは、そしてPERSONZは、降りしきる雨に向かって歌い続けていく、そんな強い意志と覚悟を確かに感じたこの日のライブだった。

写真:佐藤哲郎

セットリスト

1.MAYBE CRAZEE-I Love You-
2.MARQUEE MOONを聞きながら
3.REMEMBER(Eyes Of Children)
4.Special Sparklin’ Hearts
5.Plastic Beauty
6.POWER PASSION
アコースティックメドレー
7.花火~誰がために鐘はなる~ECHOS OF LOVE~君がいた夏~ELECTRIC BUTTERFLY~
JUSTIFY~誰かがあなたを愛してる
8.BE HAPPY
9.I AM THE BEST
10.Dreamers
11.Future Star
ENCORE
12.7 COLORS(Over The Rainbow)
13.TOKIO’S GLORIOUS
14.MIGHTY BOYS-MIGHTY GIRLS
ENCORE2
15.Singin’In The Rain
16.DEAR FRIENDS

ライブ・イベント情報

<~RELOAD_MODERN BOOGIE_1988~>
2月19日(土)
東京 大手町三井ホール
開場16:45 開演17:30 ※別途1ドリンク必要

2月20日(日)
東京 大手町三井ホール
開場15:15 開演16:00 ※別途1ドリンク必要

2月23日(水.祝)
大阪 umeda TRAD
開場15:45 開演16:30 ※別途1ドリンク必要

【お問合せ】キャピタルヴィレッジ 03-3478-9999(平日12:00~17:00)

<JILLライブ情報>
西尾市文化振興イベント2021「おと・いろ・てしごと」
三味線JILL屋 西尾公演
ニシオウエストサイドヒッツプレゼンツ

2022年2月6日(日)
開場17:00 / 開演18:00
西尾市文化会館 小ホール
愛知県西尾市山下町泡原30
https://www.nishiobunka.jp
全自由席/一般4,500円(未就学児無料)
チケット販売サイト [ 11月8日(月)より販売を開始 ]
https://teket.jp/1552/8001
お問い合わせ
西尾市文化振興イベント2021「おと・いろ・てしごと」
特定非営利法人やらまいか人まちサポート 090-3830-9696(牧野)
この記事をツイート

この記事の関連情報