デイヴ・ナヴァロ、ガンズ・アンド・ローゼズに誘われたとき「ドラッグにどっぷり漬かっていて…」

ツイート


1991年にガンズ・アンド・ローゼズからイジー・ストラドリンが脱退したとき、アクセル・ローズの後任ギタリスト第1候補はデイヴ・ナヴァロだったそうだが、ナヴァロは当時、ドラッグにどっぷり漬かっており、それどころではなかったという。

◆関連画像

ナヴァロは、最近、ゲスト出演した『Appetite for Distortion』ポッドキャストで、実現しなかった理由についてこう話した。「アクセルは本当に俺に加入してほしがっていた。俺ら、ほぼ毎日話してた。でも、人生のあの時期、俺は心ここにあらずの状態だった。オーディションがあったが、俺は行かなかったんだよ。薬物依存症の真っただ中で、そんな状態で行くことはできなかった」

アクセルはその数年後、ナヴァロに再び声をかけてくれたという。映画『End Of Days』(1999年)にガンズ・アンド・ローゼズが提供した楽曲「Oh My God」の制作に参加するよう誘われた。「ある日、アクセルから電話があり、“サウンドトラックに取り掛かってるんだが、ギター弾いてみないか?”って言われた。“もちろん、やるよ!”って答えた」

そこで面白い体験をしたそうだ。「指定された時間にスタジオへ行った。スタジオには10人位いたかな。“アクセルは?”って訊いたら、“すぐに来る、向かってる。でも、先に始めよう”って言われ、曲を聴かせてもらった。素晴らしい曲だったよ。それで、俺が数テイク、レコーディングしてたら、突然、どこかから“ああ、それいいよ。そこは取っておこう”って声がした。アクセルだったよ。彼はずっと、スピーカーフォンを通じ家から聴いてたんだ。それで方向性を指示してきた。あれは奇妙な体験だった。でも、そこが気に入ったよ。面白い話で、忘れられないものになったからね」

イジー・ストラドリンの後任はギルビー・クラークが務め、ナヴァロは1993年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズに加入した。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報