米サンフランシスコ市、12月16日を“メタリカ・デー”に

ツイート
Photo by Anton Corbijn

米サンフランシスコのロンドン・ブリード市長が、同市において12月16日を“メタリカ・デー”とすると宣言した。

◆メタリカ画像

この日行われた記者会見には、メタリカのラーズ・ウルリッヒ(Dr)とロバート・トゥルヒーヨ(B)も出席。ブリード市長は、「メタリカのメンバー達はミュージシャンとしても人としても類まれで、彼らはこのコミュニティを構成する人達の一部です。彼らは幅広い世代の人々の人生に影響を与えてきました。人々がサンフランシスコについて話すとき、まずはケーブルカー、そしてメタリカについて話します。サンフランシスコ市郡を代表し、私は本日を“メタリカ・デー”とすることを宣言します」と話したという。





メタリカはこの日から19日まで、バンド結成40周年を記念し、サンフランシスコを占拠する<Metallica : San Francisco Takeover>イベントを開催する。メタリカが17日と19日に、2019年に<S&M2>公演を開いたChase Centerでパフォーマンスするほか、サンフランシスコ各地で様々なバンドのライヴ、展示会、コンサート映画の上映、パーティーなどが開かれる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報