羊文学、コニカミノルタのプラネタリウムドラマに主題歌として新曲「ワンダー」提供

ツイート


羊文学が、コニカミノルタプラネタリウムが運営する都内3館で上映開始されるドラマ作品『流れ星を待つ夜に』に主題歌として新曲「ワンダー」を提供する。

本作は、「流れ星」をテーマにプラネタリウムとドラマを融合させた新感覚の作品。美しい都会の夜景や流星群、南十字星など南半球の星座たちやオーロラなど見どころ十分な内容とのことだ。また本作では、人気イラストレーターの吉田誠治が描くギリシャ神話がプラネタリウムドラマを彩る。濱田龍臣が主演し、主人公の恋人役は駒井蓮が演じる。



なお、新曲「ワンダー」は、現在のところリリースについては未定ということ。

『流れ星を待つ夜に』作品概要

<「流れ星を待つ夜に」あらすじ>
大切な人に見せたい景色を探して、主人公(タツオミ)は世界を旅します。
赤道直下の夜空、南十字星をはじめとする日本では見ることの難しい星座たち。極寒の大地・アラスカで出会う神秘のオーロラ。本当はたくさんあるはずなのに見ることができない、都会の流れ星。そして、ギリシャ神話に導かれ、長い旅路の末に主人公が見つけたものは……。
きっとまた、めぐり逢う。流れ星がつなぐ、切なくも温かい物語です。

★期間:2022年1月28日(金)~
★時間:約38分
★上映館:プラネタリア TOKYO(有楽町)/プラネタリウム満天(池袋)/プラネタリウム天空(押上)
※詳細や最新情報は下記公式 WEB サイトでご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/program/nagareboshi/

<キャスト・スタッフ>
出演:濱田龍臣/駒井 蓮/藤崎卓也
主題歌:羊文学「ワンダー」(F.C.L.S.)
脚本・監督:井内雅倫
撮影:桑沢俊靖  オーロラ撮影:河内牧栄  照明:田島 慎
劇中画:吉田誠治  プラネタリウム演出:大竹 宏  CG:中村 啓/岡本崇志
音楽:石田多朗  演奏:影山敏彦(tico moon)/吉野友加(tico moon)、他
録音・サラウンド音響:Studio-ARM  タイトル・広報デザイン:久野正喜
スタイリスト:工藤祐司  ヘアメイク:齋藤美幸  撮影協力:マツオ計画
企画・制作協力:井内雅倫個人事務所/フェローズ
プロデューサー:若井太志(コニカミノルタプラネタリウム株式会社)

<コニカミノルタプラネタリアTOKYO 概要>
■名称 コニカミノルタプラネタリアTOKYO
■所在地 東京都千代田区有楽町2丁目5-1 有楽町マリオン 9階
■営業日 定休日なし(作品入替期間は休館)
■営業時間 10:30~22:00(最終受付は21:00)
※土日祝のみ22:30まで営業。(最終受付は21:30)
※詳細はWebサイト等でご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/

<コニカミノルタプラネタリウム満天(池袋) 概要>
■名称 コニカミノルタプラネタリウム満天 in サンシャインシティ
■所在地 東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
■営業日 定休日なし(作品入替期間は休館)
■営業時間 10時の回~21時の回
※詳細はWebサイト等でご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/manten/

<コニカミノルタプラネタリウム天空 概要>
■名称 コニカミノルタプラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウン®
■所在地 東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリータウンイーストヤード7階
■営業日 定休日なし(作品入替期間は休館)
■営業時間 10時の回~21時の回
※詳細はWebサイト等でご確認ください。
https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/

この記事をツイート

この記事の関連情報