全米アルバム・チャート、アデルの『30』が4週連続1位

ツイート
Photo: Simon Emmett

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、アデルの『30』が4週連続で1位をキープした。今年、4週以上1位を獲得したアルバムは、モーガン・ウォレンの『Dangerous: The Double Album』(10週)、オリヴィア・ロドリゴの『SOUR』(5週)、ドレイクの『Certified Lover Boy』(5週)に続く4作目だが、『30』は4週目ではその中で最大のセールスを上げているという。

2位には、ジュース・ワールドの死後発表された2作目のアルバム『Fighting Demons』が初登場。ジュース・ワールドはこれまで4枚のスタジオ・アルバムをリリースし、全てがトップ4圏内にチャート・インしており、生前、セカンド『Death Race For Love』(2019年)で、死後、サード『Legends Never Die』(2020年)で全米1位に輝いている。

3位には、テイラー・スウィフトの『Red (Taylor’s Version)』が先週の2位から1ランク・ダウン。4位は変わらず、マイケル・ブーブレの『Christmas』(2011年)がキープした。

今週は先週同様、ブーブレほか、マライア・キャリーの『Merry Christmas』(1994年)が7位、ヴィンス・ガラルディ・トリオによる『A Charlie Brown Christmas』のサウンドトラック(1965年)が8位と、3作のクリスマス・アルバムがトップ10入りした。『A Charlie Brown Christmas』は先週から1ランク・アップし、2週連続で最高位を更新している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報