イル・ディーヴォのカルロス・マリン、死去

ツイート

先週、UKツアー中に体調が急変し入院したイル・ディーヴォのカルロス・マリンが、12月19日、53歳で急逝した。

◆カルロス・マリン画像

イル・ディーヴォのメンバーは、「僕らの友人、パートナーのカルロス・マリンが亡くなった」とSNSを通じ、訃報を伝えた。「彼の死は、友人、家族、ファンにより惜しまれる。カルロスのような声や魂はこの先現れないだろう。僕ら4人は17年間、イル・ディーヴォという素晴らしい旅を共にしてきた。僕らはこの先、大切な友人を恋しく思う。彼の美しいソウルが安らかに眠ることを望み、祈っている」

イル・ディーヴォは今月初めよりUKでクリスマス・ツアーを開始したが、7日、「病により今夜の公演は延期する」と告知したのに続き、3日後には残りの日程の延期を決定。16日にカルロスが入院していると公表した。

病名は明かされていなかったが、UKやスペインのメディアは、彼がマンチェスターの病院に急送され昏睡状態にあると報じていた。

ドイツで誕生し、12歳のときスペインに移住したカルロスは、ミュージカル、オペラなどで活躍後、2003年、プロデューサーのサイモン・コーウェルにより結成されたイル・ディーヴォに加入。これまで10枚のスタジオ・アルバムを発表し、世界を魅了してきた。

サイモン・コーウェルは、「いま僕がどんな気持ちか、言葉にするのは非常に難しい。カルロスが亡くなったなんて、僕は打ちのめされている。彼は人生とパフォーマンスを愛し、常に、ファンに対し感謝していた」との追悼の言葉をあげている。







Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報