ウルフギャング、デイヴィッド・リー・ロスの公演に「アレックス・ヴァン・ヘイレンの参加はないと思う」

ツイート

デイヴィッド・リー・ロスが引退前に行なうラスベガス長期公演に、元バンド・メイト、アレックス・ヴァン・ヘイレンが参加するらしいと期待されているが、アレックスの甥のウルフギャングはそれには懐疑的だという。

◆関連画像

ウルフギャングは『SPIN』のインタビューで、「あなたの叔父はデイヴ最後の数公演でプレイするのではないのか?」と問われると「僕はそうは思わないけど……」と答え、「(ロスがそう話したという噂は)知ってる。でも、僕は知らないよ(笑)。まあ、僕がアルの代わりに何か言うつもりはないけどね。僕は聞いてない。アルとそんな話はしていない。アルがやるようなこととは思えないな」

「ヴァン・ヘイレンについては、人々はもう学んでいるべきだけど、もし本人からの言葉でなければ、それは事実じゃない。アルは、この件について声明を出していない。だから、僕はあるとは思ってないよ。彼が言わないなら、多分、事実じゃない」

ロスが本当に言ったのかどうかは不明だが、10月、あるウェブ・サイトは、ロスがアレックスの参加を明かしたと伝えたことから、一部で期待が高まっていた。



ロスのラスベガス長期公演は、12月31日にスタートし、1月22日までの間に9公演が開催される予定。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報