YOSHIKI、紺綬褒章受章式で「これからも支援を続けたいと思います」

ツイート

3月に紺綬褒章を受章したYOSHIKI。その受章式が12月21日に執り行なわれた。

◆受章式 画像

2020年4月、YOSHIKIは自身が運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じて、国立国際医療研究センターに1,000万円を寄付するなどの支援を行なったことから紺綬褒章を受章。 YOSHIKIが長く日本を離れていたため、このタイミングで行なわれた受章式では、国立国際医療研究センター理事長から記念品として紺綬(メダル)と章記が授与された。

「改めて、このような栄誉な章をいただき大変光栄に思います。これからも少しでもみなさんの力になれるように、支援を続けたいと思います。」──YOSHIKI





YOSHIKIは、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、アメリカでの食糧難パニックの沈静化支援の為に、LAのMeal on Wheelsへ2万4,000ドル(約250万円)、公演中止の影響を受けた世界中のミュージシャンや音楽業界で働く人達を支援する為に、グラミー賞の主催で知られるレコーディング・アカデミー(R)とその関連慈善財団MusiCares(C)が設立したCOVID-19救済基金に10万ドル(約1,000万円)、メンタルヘルス問題を抱える音楽関係者支援のために10万ドル(約1,000万円)を寄付するなど、世界を股にかけて様々な支援活動を行なっている。

さらに、国内では東日本大震災や熊本地震、大型台風など、災害への寄付を実施。海外においてはアメリカのハリケーンハービーやオーストラリアの森林火災に対する寄付など、世界各地へ向け積極的な援助活動を行なっているほか、メイク・ア・ウィッシュ財団や米グラミーファウンデーション、小児がんの子ども達を支援する米パブラブファウンデーションなどへの継続的な支援も行なっている。

これらの積極的な慈善活動と影響力が評価され、2019年には『Forbes Asia』が発表した「アジア太平洋地域の最も優れた慈善家30人」の一人に選ばれている。

この記事をツイート

この記事の関連情報