LUNA SEA、ツアー後は充電期間へ。RYUICHIの声帯手術で

ツイート

LUNA SEAのRYUICHI(Vo)が、全国ツアー<CROSS THE UNIVERSE>の終了後に、声帯にできた静脈瘤(微小血管病変)を除去する手術を受けることを公表した。バンドはツアー後、充電期間に入るという。

<CROSS THE UNIVERSE>は、コロナ禍による中断を経ながら、“LUNA SEAの音楽を止めない”という信念のもと約2年にわたり開催されてきた結成30周年ツアー。これまでにない喉の不調を抱えつつもライヴパフォーマンスを続けてきたというRYUICHIは、LUNA SEAの次なる活動に向けて万全の体制を整えるべく、ツアー終了後に手術を受けることを決めたそうだ。

ツアーのグランドファイナルとなる<LUNA SEA 30th Anniversary Tour -CROSS THE UNIVERSE- GRAND FINAL SAITAMA SUPER ARENA>は1月8日、9日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催。その後、1月31日と2月1日に大阪・大阪国際会議場メインホールで、延期となっていたライヴの振替公演が行われる予定となっている。

<LUNA SEA 30th Anniversary Tour -CROSS THE UNIVERSE- GRAND FINAL SAITAMA SUPER ARENA>

2022年1月8日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ 開場15:30 / 開演17:00
2022年1月9日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ 開場13:30 / 開演15:00
指定席¥11,000(税込) ※全席種 全席指定・未就学児童入場不可
チケット一般発売:2021年11月27日(土)10:00〜
詳細:https://www.lunasea.jp/live/LUN_live_sa202201080109

<LUNA SEA 30th Anniversary Tour 20202021 -CROSS THE UNIVERSE->

※終了公演は割愛
大阪・大阪国際会議場メインホール
2022年1月31日(月)開場17:00 / 開演18:00
2022年2月1日(火)開場17:00 / 開演18:00

この記事をツイート

この記事の関連情報