日向坂46の濱岸ひより、櫻坂46の大沼晶保、チーム愛と大不思議を語る

ツイート

アイドルの生い立ちや今をロングインタビューで追いかける“読むアイドルマガジン”こと『IDOL AND READ』の最新刊 第29号が12月23日(水)に発売された。表紙巻頭を日向坂46の濱岸ひより、櫻坂46の大沼晶保が裏表紙を飾り、それぞれが生い立ちを2万字インタビューで語り尽くしている。

◆『IDOL AND READ』第29号 画像

日向坂46は12月24日および25日、幕張メッセ国際展示場9-11ホールにて恒例クリスマスライブ<ひなくり2021>開催する。二期生の濱岸ひよりは、2017年夏に当時最年少の中3で加入(当時はけやき坂46)、2019年6月に体調不良のため一度休業するが、2020年春に復帰。以降はテレビドラマ『ボーダレス』に出演するなど、存在感を増しているメンバーのひとりだ。

ロングインタビューではバレエに全てを捧げたという濱岸の生い立ちと、けやき坂46から日向坂46の激動を追跡したほか、活動再開のきっかけになったエピソードなど、チーム愛が語られた。



一方、裏表紙を飾る櫻坂46の大沼晶保は、“大不思議”の異名を持つクセの強いメンバーだ。漁師の家で奔放に育った少女が、なぜアイドルになろうと思ったのか。また、心の拠り所だったという欅坂46から櫻坂46への改名をはじめ、楽曲「BAN」のセンターに立候補した<BACKS LIVE!!>、現在の櫻坂46の活動についてなどが真面目に語られる。“大不思議”なだけじゃない彼女の全力投球ぶりや向上心といった“核”がロングインタビューから見えてくるとのこと。

さらに、乃木坂46の4年ぶり東京ドーム公演レポート、禊もあったBiSとZOCのツーマンツアーレポートほか、Juice=Juiceの稲場愛香、苺りなはむプロデュースの新グループHO6LA、大森靖子プロデュースの新グループMAPAのインタビューなど、今回も読み応え十分の幅広いラインナップが届けられる。



■『IDOL AND READ』第29号

2021年12月23日(水)発売
・cover:濱岸ひより (日向坂46)
・back cover:大沼晶保 [櫻坂46]
▼live report
乃木坂46
BiS × ZOC
▼interview
稲場愛香 (Juice=Juice)
茂木 忍 (AKB48)
西村歩乃果 (ラストアイドル/Love Cocchi)
鈴木萌花 (アメフラっシ)
橘 花怜 (いぎなり東北産)
岸みゆ (#ババババンビ)
BAN-BAN (PIGGS)
HO6LA
MAPA

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報