ロバート・プラント、10代のとき観た「ザ・ローリング・ストーンズのツアーは衝撃的だった」

ツイート

ティーンエイジャーのときブルースに夢中だったロバート・プラントは、ザ・ローリング・ストーンズがボ・ディドリーやリトル・リチャードらと開催したUKツアーに行き、それを生で体験することができたという。

彼は、『BBC Sounds』で公開中のインタビューでこう話した。「多分、君らは知っているだろうが、シンガー、レコーディング・アーティストとしての初期の時代、僕はシカゴやミシシッピの音楽、デルタ・ブルースに夢中だった。僕は、英国の音楽シーンにおいて10代のキッズたちにこの手の音楽を持ち込んだ先駆者、提供者のメイン・アクトの1つはザ・ローリング・ストーンズだったと思ってる。(ザ・ローリング・ストーンズのデビュー・シングル、チャック・ベリーの“Come On”のカヴァーは)彼らの偉大なキャリアの始まりであり、僕らにカントリー・ブルースとアメリカのブルースというインスピレーションを与えた」

「僕は、実際にザ・ストーンズのライヴを観たんだ。彼らはボ・ディドリーやリトル・リチャードとツアーをやった。ザ・ローリング・ストーンズの初の“パッケージ・ツアー”だった。あれは本当に目を見張る体験だった。僕らはあの音楽に傾倒していたが、実際にはよくわかっていなかった。あの時代、ストーンズは、山から岩を切り出していたんだと思う。だから、本当に特別だった」

1963年秋に英国で開催されたツアーのことだろう。プラントは15歳だったはずで、叔父と叔母が連れて行ってくれたという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報