LDHと宝塚歌劇団が初コラボ。『HiGH&LOW』も舞台化

ツイート
真風涼帆/(c)宝塚歌劇団

LDH JAPANが宝塚歌劇団とコラボレーションすることが発表された。

1作品目は「SUZUHO MAKAZE SPECIAL RECITAL @TOKYO GARDEN THEATER『FLY WITH ME』」。

本作には宝塚歌劇団 宙組トップスター・真風涼帆が登場。LDH JAPANのライブの企画・演出を手掛けるクリエイティブチーム「TEAM GENESIS」によるプロデュースで新たな歴史を刻む。

劇場全体を「空港」および「宙(ソラ)」に見立て、大空や銀河などをテーマにした壮大なコンセプトのもと、「Love(愛)」と「Dream(夢)」と「Romance(浪漫)」溢れる構成になっているという。LDH JAPANと宝塚歌劇の初のコラボレーションが、未来への希望に満ちた「Happiness(幸せ)」をお届けする。

そして2作品目は、LDH JAPANが手がける人気プロジェクト『HiGH&LOW』のオリジナル脚本「TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE『HiGH & LOW –THE PREQUEL–』」だ。『HiGH&LOW』シリーズの前日譚(THE PREQUEL)を新たに構想、宝塚歌劇の世界観での舞台化に挑戦する。

物語は「SWORD」誕生前夜。かつて“ムゲン”という伝説のチームが一帯を支配していたが、ある事件をきっかけに突如ムゲンは解散。無数のチームによる抗争が後を絶たない中、ひとりの女性が現れる。彼女と恋に落ちたのは「山王連合会」のリーダー・コブラ。だが、二人には抗うことのできない運命が待つ。五つのチーム「山王連合会」「White Rascals」「RUDE BOYS」「鬼邪高校」「達磨一家」、その裏にはコブラを無口にさせる悲恋があった、というストーリーだ。

本作を演じるのは究極の男役を体現するトップスター・真風涼帆と宙組だ。守るべき女性・守るべき街との間で葛藤する男たちの愛と闘いの物語に期待したい。

『FLY WITH ME』は2022年6月から東京ガーデンシアターにて公演予定。『HiGH & LOW –THE PREQUEL–』は2022年8月から宝塚大劇場、2022年10月から東京宝塚劇場にて公演予定となっている。

公演概要

【東京ガーデンシアター公演】 
宙組公演 主演:真風涼帆
SUZUHO MAKAZE SPECIAL RECITAL @TOKYO GARDEN THEATER
『FLY WITH ME(フライ ウィズ ミー)』
Produced by TEAM GENESIS from LDH JAPAN
構成・演出/野口幸作

■東京ガーデンシアター:
2022年6月10日(金)~6月12日(日)  
※発売日、座席料金等につきましては、決まり次第、宝塚歌劇HPでご案内いたします。


【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】 
宙組公演 主演:真風涼帆、潤 花
TAKARAZUKA MUSICAL ROMANCE
『HiGH & LOW –THE PREQUEL-』
原作・著作/HI-AX
構想/平沼紀久(LDH JAPAN)渡辺啓(LDH JAPAN)
脚本・演出/野口幸作

※上記作品は、3時間の公演のうちの前半1時間35分で上演され、後半に55分の宝塚オリジナルショー、ファッシーノ・モストラーレ『Capricciosa!!(カプリチョーザ)』が上演されます。

■宝塚大劇場:2022年8月~9月(予定) 一般前売 未定
■東京宝塚劇場:2022年10月~11月(予定) 一般前売 未定
この記事をツイート

この記事の関連情報