【ライブレポート】新山詩織、約3年の沈黙を破り本格再始動「これからは止まることなく一歩一歩前進して」

ツイート

新山詩織が12月12日(日)、渋谷WWW Xにて<新山詩織 live 2021〜In The Beginning〜>を開催した。活動休止から約3年の沈黙を破り、再始動後初となるライブはチケットソールドアウト。ステージではファンクラブ結成や来春のツアー開催も発表となった。同公演のオフィシャルレポートをお届けしたい。

◆新山詩織 動画 / 画像

2012年12月12日にアーティストデビューを果たして以降、シングル9枚、アルバム3枚、ライブDVD2枚をリリースしたほか、精力的なライブやイベント出演など着実に歩みを進めていた新山詩織が活動を休止したのが、ちょうど3年前の2018年12月12日だった。そして2021年4月、突如SNS上に新曲のアカペラ動画をアップ、再始動を発表した。それから約半年は生配信ライブがあったものの、新曲制作にひたすら時間を費やしていたとのこと。そして遂に新山詩織が有観客ライブ<〜In The Beginning〜>でファンの前へ戻ってくる。しかも彼女が初ライブや活動休止前最後のライブを行なったのと同じ場所であり、同じ12月12日という日程だ。

コロナ渦にもかかわらず一般発売とともにチケットがソールドアウトするなど、再始動ライブへの注目度の高さがうかがえる。ライブタイトルの<〜In The Beginning〜>からは再始動への意気込みを感じ取ることもできる。開演前の会場の空気感は独特だ。ここまで緊張感と期待感が交錯した雰囲気は味わったことがない。また、開演時のBGMは新山詩織自身が選曲したもの。キャロルキング、ポールウェラー、キングオブコンビニエンス、ニールヤングなど、思わずニヤリとしてしまうものばかりだった。


そして、新山詩織がひとりステージへ登場した。薄暗いステージの中、頭上からピンライトのみが当たる。その後の長い長い静寂。ファンの視線が彼女の一挙手一投足を見逃すまいとステージに注がれる。緊張と無音を切り裂くように、“ハ〜”という深呼吸とも歌声とも取れる声が聴こえた。オープニングナンバーは今年4月にネット上で配信されたアカペラ曲「smile for you」だ。そして次に5thシングルにして代表曲「絶対」へ。アコースティック編成ということもあり、一音一音、彼女の息遣いまでがダイレクトに届けられる。

「みなさんお久しぶりです! 新山詩織です」──新山詩織

ここで初めてステージの照明が彼女の顔に当たった。堰を切ったように拍手の音が何層にも重なり合い、鳴り止まない。噛みしめるようにゆっくりと言葉を発する新山詩織と、その言葉を聞き漏らすまいと耳を傾けるファンたち。温かい空気が会場を包み込んでいく。友田ジュン(Key / DEZOLVE)、坂本遥(G / エドガー・サリヴァン)といった若手実力派サポートメンバーが紹介されたが、その明るく楽しげなステージパフォーマンスと演奏力の高さもライブの見どころのひとつとなっていた。

16歳のデビュー時から大事に歌い続けている「だからさ」。約10年、彼女はこの曲と常に向かい合い歌い続けてきた。25歳になった今だからこそ表現しえるエモーショナルな歌声が楽曲の新たな魅力を発見させてくれる。そして今回のライブのハイライトとも言える新曲「Do you love me?」へ。コロナ渦でできてしまった人と人の距離感やそれに伴う葛藤。それらを表すように静かに囁くように、しかし徐々に希望に向かって進んで行くような歌は彼女の真骨頂とも言える。繊細かつ力強い感動的なバラードだ。

ライブ中盤、ルーツにして敬愛してやまない女性シンガーソングライターのコリーヌ・ベイリー・レイ「Like a star」とキャロル・キング「I feel the earth move」のカバーをリラックスムードで歌い上げた。その表情からはステージに戻ってこられた喜びがうかがえるようだ。

後半戦は当時よく歌われていた「Looking to the sky」から。そして新曲「New」「ミルクティー」が続けて披露された。力強い躍動感と哀愁漂うメロディが詰め込まれた両曲は今後のリリースも楽しみだ。本編最後は当時もライブのラストナンバーに起用されることが多かったメジャー1stシングル「ゆれるユレル」。デビューから約10年の様々な想いを乗せて情感たっぷりに届けられた。

アンコールのMCで語られたのは、活動休止してからの3年間、彼女が何を見て、どんな生活をしてきたのかということ。「いろいろな挑戦をしたい」との言葉通り、外国に行ったことや、専門学校に入学卒業したことなどをゆっくりと赤裸々に。そして改めて、力強く再始動を宣言した。

「いろいろな人のおかげで、こうして戻ってこれたので、本当に感謝しています。これからは止まることなく一歩一歩前進して、みなさんに曲をどんどん届けて、歌って行きます!」──新山詩織

さらには、ファンクラブ結成と来春ツアーを開催することが本人の口からアナウンスされた。全ての演奏が終わり、鳴り止まない拍手の中、ステージの端から端まで何度も頭を下げて感謝を伝えてる彼女の姿が印象的だった。なお、新曲「ミルクティー」を含むライブ当日のダイジェスト映像がオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されている。


■<新山詩織 live 2021〜In The Beginning〜>12月12日(日)@渋谷WWW X セットリスト

01. Smile for you (アカペラ~新曲)
02. 絶対
03. 大丈夫だって
04. 午後3時
05. だからさ
06. Do you love me? (新曲)
07. Like A Star (弾き語り~コリーヌ・ベイリー・レイcover)
08. I feel the earth move (キャロル・キングcover)
09. Looking to the sky
10. New (新曲)
11. ミルクティー (新曲)
12. ゆれるユレル
encore
en1. だからさ(弾き語り)

▼メンバー
新山詩織(Vo&G) / 友田ジュン(from DEZOLVE:Key, Cho) / 坂本遥 (from エドガー・サリヴァン:G, Cho)

■東名阪ツアー<新山詩織 live 2022 ~NEW~>

▼東京
4月17日(日) 東京・日本橋三井ホール
open16:00 / start17:00
チケット:5,500円(税込)
※全席指定 ※別途ドリンク代
(問)日本橋三井ホール 03-5200-3210
▼大阪
4月23日(土) 大阪・ESAKA MUSE
open16:15 / start17:00
チケット:5,500円(税込)
※全自由/整理番号順入場 ※別途ドリンク代
(問)ESAKA MUSE 06-6387-0203
▼愛知
4月24日(日) 愛知・BL Cafe
open16:15 / start17:00
チケット:5,500円(税込)
※全自由/整理番号順入場 ※別途ドリンク代
(問)BL Cafe 052-741-1620

この記事をツイート

この記事の関連情報