関取花、恒例<年末だョ!全員集合>開催。“関取亭はな”も登場

ツイート

関取花が12月26日(日)、年末恒例のワンマンライブ<年末だョ!全員集合>を神奈川・横浜にぎわい座 芸能ホールで開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆<年末だョ!全員集合2021>画像

   ◆   ◆   ◆

2017年から始まった、年末恒例のワンマンライブ<年末だョ!全員集合>が12月26日(日)に2年ぶりに有観客で開催された。2020年は生配信という形での実施であったものの、にぎわい座芸能ホールという場所の良さを生かせずに終えていたこともあり、今年は一味違うにぎわい座公演をテーマに開催された。

開演まで幕が降ろされ、普通のライブではないのかな、と思わせる雰囲気で開演したのち、落語の出囃子が流れ出した。

そそくさと登場した関取花はゆったりと高座に座り、“関取亭はな”に扮して前座として現代落語に初挑戦。いつもの長すぎるMCとは裏腹に、会場のお客様と温かい雰囲気に包まれた「味噌豆・ビール編」を披露、本編のライブへと繋げた。




第二部はバンドセットでのライブが開始。過去にぎわい座での公演は10曲未満の演奏と終わらないMCで、ある種お客様とのアットホームな世界観のみを重視してきたが、今回は全19曲。ライブ時間も90分以上と、見応えしかないパフォーマンスで圧倒した。3月にリリースしたアルバム『新しい花』のリード曲である「新しい花」を1曲目に披露。華やかで優しいサウンドが響き渡るような導入で一気に5曲を演奏。途中、初めて本人がアコースティックギターを弾かずにカズーとタンバリンでリズムを取り、パフォーマンスした「まるで喜劇」はツアーでも未披露の曲。

緩急をつけた展開はゆったりとした楽曲を新旧織り混ぜ後半へ差し掛かる。これを歌わずに、聴かずに1年を終われない!と言わんばかりの「黄金の海で逢えたなら」をパフォーマンス。矢継ぎ早に「カメラを止めろ!」、「彗星」、「はなればなれ」まで終了。残りの3曲は今年を振り返り、1年を感謝をするかのように、しなやかに「もしも僕に」まで終え、全ての演目を終えた。会場全ての人々があたたかい気持ちで1年の締めくくりと来年への意気込みを同時に共有したような気持ちになるほどの鳴り止まない拍手に包まれ、幕を閉じた最高のライブとなった。




Photo by AZUSA TAKADA

   ◆   ◆   ◆

なお、公式YouTubeチャンネルでは、10月21日(木)に東京・東京キネマ倶楽部で開催された<関取 花 2021 TOUR 激闘編>ツアーファイナルのダイジェスト映像が公開されている。今後も同公演からのライブ映像を公開する予定とのことなので、そちらもお楽しみに。


   ◆   ◆   ◆

■<関取 花「年末だョ!全員集合2021」>2021年12月26日(日)神奈川・横浜にぎわい座 芸能ホール セットリスト
【第一部】
関取亭はな / 「味噌豆・ビール編」

【第二部】
1. 新しい花
2. 蛍
3. 街は薄紅色
4. 僕のフリージア
5. だからベイビー!
6. ふたりのサンセット
7. まるで喜劇
8. 私の葬式(バンドver.)
9. べつに
10. オールライト
11. すずらん行進曲
12. 変身
13. 黄金の海で逢えたなら
14. カメラを止めろ!
15. 彗星
16. はなればなれ
17. 君の住む街
18. 家路
19. もしも僕に

Musicians:
関取 花(Vo,AG etc), 谷口 雄(Key etc)、ガリバー鈴木(B)、岡田 梨沙(Dr)

   ◆   ◆   ◆

デジタルシングル「きんぎょの夢」

2021年8月20日(金)配信開始
https://sekitorihana.lnk.to/KingyonoYume

書籍『どすこいな日々』

2020年11月11日(水)発売
四六判並製 176頁
定価:本体¥1,500+税
詳細: https://www.shobunsha.co.jp/?p=5909

この記事をツイート

この記事の関連情報