デイヴィッド・リー・ロス、大晦日と元日の公演をキャンセル

ツイート

デイヴィッド・リー・ロスが、12月31日からスタート予定だったラスベガス長期公演の最初の2公演をキャンセルした。

◆デイヴィッド・リー・ロス画像

会場のHouse Of Bluesは、「COVIDに関連する予期せぬ事態が生じ、スタッフや観客に対し十分な注意を払うため、12月31日と1月1日に予定していたデイヴィッド・リー・ロスのパフォーマンスをキャンセルする」と告知したそうだ。『Metal Sludge』によると、バンド・メンバーが新型コロナウイルスに感染したという。

ロスの引退前最後のライヴ・パフォーマンスとなるこのラスベガス長期公演は、大晦日に開幕し、1月1、5、7、8日、14、15日、21、22日と計9公演が開催されるはずだった。キャンセルされた2公演に関して、現時点、ロス側からコメントはなされていないが、House Of Bluesは払い戻しの手続きを始めたという。12月31日~1月8日までの5公演は、チケットが発売されてすぐソールドアウトし、今月初め、14日以降の4公演が追加された。






Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報