ローランド、ビデオ・カメラやパソコンがなくても本格的な映像と高音質のライブ配信ができる『AeroCaster』発売

ツイート

ローランドが、ワイヤレスで複数のスマートフォン/タブレットのカメラによるライブ配信を手軽に行えるライブ・ストリーミング・システム『AeroCaster』を3月下旬に発売する。

『AeroCaster』は、音声の入出力を行い、映像と音をコントロールするハードウェア『VRC-01』と、映像をワイヤレスで入力しライブ配信を行う『VRC-01』専用のiPadアプリ『AeroCaster LIVE』からなるライブ・ストリーミング・システム。スマートフォン/タブレットのカメラ映像を、『AeroCaster LIVE』をインストールしたiPadにワイヤレスで転送。マイクや楽器などを『VRC-01』につないで音声を入力し、あとはiPadと『VRC-01』をケーブルで接続するだけで、直感的な操作でライブ配信が行える。専門的な機材を買いそろえることなく、気軽にライブ配信ができるようになる。




パソコンを使用することなく、iPadからWi-Fiや4G/5G回線を介して、高品質な映像と音声をYouTubeやFacebook、Twitch、またカスタムRTMPチャンネルでライブ配信することが可能。スマートフォンやタブレットなど最大4台をワイヤレス接続可能。スマートフォンの高性能なカメラを使って、自由なアングルで撮影ができる。さらに、『AeroCaster LIVE』アプリを操作するiPad本体のカメラも使用できるほか、iPadに保存されている動画や写真の出力も可能。パソコンの画面もGoogle Chromeを使うことで、ケーブルやアダプターを使わずに表示できる。


カメラとして使用するスマートフォンやタブレットに、iOS/Androidアプリ「AeroCaster Camera」をインストールすることで、それぞれのカメラの露出やホワイトバランスといった設定をiPadから遠隔で操作でき、複数のカメラの画質の調整も容易になる。

映像へのテキスト/画像の挿入や、PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)、画面の合成/分割といった設定を30種類まで登録し、瞬時に呼び出すことが可能。画面切り替え時のエフェクトも簡単に使用できる。

『VRC-01』は高性能なオーディオ・ミキサーを搭載しているほか、音声エフェクトも充実しているため、高音質でのライブ配信が可能。また、マイクや電子楽器などからの入力2つに加え、音楽プレーヤーの接続も可能。ライブ配信中にBGMや効果音を流すことができる。また、新機能オート・ディレイによって、ネットワーク経由で入力されたカメラ映像の遅延を自動的に算出し、映像と音声のズレが小さくなるよう自動調整し出力できる。


関連リンク

◆製品詳細
この記事をツイート

この記事の関連情報