【ライブレポート】水樹奈々、2年4か月ぶり有観客ライブ「明けましておめでとう!会いたかったー!」

ツイート

水樹奈々が1月3日、4日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにてワンマンライブ<NANA MIZUKI LIVE RUNNER 2020 → 2022>を開催した。2020年に開催を予定していた歌手デビュー20周年記念のツアー<NANA MIZUKI LIVE RUNNER 2020>がコロナ禍による影響を受け中止となってしまい、そのリベンジとして再構築した2年4か月ぶりの有観客ライブの模様をレポートする。

◆ライブ画像

歌手デビュー20周年を振り返りながら、“その先の未来へ走って向かう”という思いが込められたツアータイトル<LIVE RUNNER>。オープニングムービーでは水樹がランナーとなり、2000年に初めてライブを開催した東京・ヤマハホールから、2019年に通算200公演目のソロライブを行なった千葉・ZOZOマリンスタジアムまで、これまでの軌跡を辿りながら走る。そして次なる会場へと足を踏み入れたところで「Synchrogazer」のイントロと共にステージに水樹が登場。イエローが基調となったスポーツウェア風の衣装で、声高らかに絶唱し、続けて「DAYBREAKERS」、「ETERNAL BLAZE」と激熱曲の連続で開幕から一気に駆け抜ける。


「みんな明けましておめでとう!そして何より、会いたかったー!」と思いの丈を叫ぶと、エアーハグと投げキッスで愛を伝え、「LIVE RUNNER!位置について、よーいスタート!」の掛け声で、改めてライブ本編がスタート。照明とレーザーが激しく交差する中で4つ打ちのギターロック「glitch」、続く「METANOIA」ではステージの端から端まで移動し、会場全体を見渡しながら激しく歌う。

バックバンド・Cherry Boysのコーナーが終わると、水樹はレトロポップな水玉のワンピースに衣装チェンジ。2019年にリリースしたアルバム『CANNONBALL RUNNING』のリード曲「Knock U down」のクラップパートでは会場が一体となって音を響かせ、「Lovely Fruit」「Light Births Shadow」ではキュートなダンスでファンを魅了した。


「こんな可愛い衣装を着させていただいたので、可愛い曲を聴いていただきたいなと思います!」と言うと、テレビアニメ『SHAMAN KING』2000年版シリーズ時に制作された水樹演じる“玉村たまお”のキャラクターソングをセルフカバーした「花、星、空 -reunion-」を披露。続けて「innocent starter」を歌い終えると一旦ステージを後にする。

SHORT MOVIEでは、水樹のデビュー曲「想い」をBGMにデビューから20年間のライブをダイジェストで振り返る。まだあどけなさが残るデビュー2年目のライブ映像や、初の東京ドーム公演発表の瞬間、歌手デビュー20周年記念日にFCイベントで披露した「想い」のピアノ弾き語り、そして「LIVE RUNNER」のリハーサル風景と続いていき、最後には「keep on RUNNING」の文字が映し出されて映像が終わり、明けて最初の曲は「Phase 21」。この曲は、リリースタイミングがコロナ禍で生活や環境が変化し次のフェーズへ差し掛かった2021年、そして自身も歌手デビュー21年目を迎えたタイミングだったため、立ち止まらずに、“その先の未来へ走って向かおう”というライブコンセプトとも共通した意味が込められている。曲間の「Wo-oh」というフレーズは本来ならファンと共に合唱したいパートだったが、今回は声が出せないため水樹が1人で力強く歌い、観客はそれに応えるように拳やペンライトを高く突き上げ、水樹とファンの心の繋がりをみせてくれた。

バックダンサー・team YO-DAの紹介を挟み、そのままダンスパートへ突入。センターラインの薔薇がアクセントになったアシンメトリーなミリタリー衣装でヘッドセットマイクを装着し、ダンサーズと息の合ったフォーメーションダンスで「Inside of mind」、「Love Fight!」を立て続けに披露。


凛々しくクールな表情で「TRANSMIGRATION」を歌い終えると2度目のSHORT MOVIEコーナーへ。「声優アイドル奈々」と題し、映像制作ユニット・AC部による高速紙芝居が映し出される。演歌歌手を目指した幼少期から、声優・アーティストとしてデビューするまでの水樹の半生をコミカルに描いた物語だ。“声優アイドル奈々”がデビュー20周年記念ライブを開催、衣装チェンジのため一旦ステージを後にし、「このあとはもっと赤く燃え上がっていくぞー!」と告げると、映像とリンクするように会場がペンライトで赤く染まり、先月デジタルリリースしたばかりの新曲「Red Breeze」に繋がる。ステージにはさまざまな色の炎が燃え立ち、曲のクライマックスには約10mの花火があがるなど、圧巻の演出に会場のボルテージは最高潮へと達する。勢いをそのままに、畳み掛けるようなメロディが印象的な歌謡ロックの「カルペディエム」を熱唱した。

「私たちの火薬量を増し増しにして、ここからさらに畳み掛けていくぜ!」とライブ終盤戦への意気込みを宣言。「Get up! Shout!」で全力のシャウトを会場中に響かせると、「SCARLET KNIGHT」「Orchestral Fantasia」でラストスパートをかける。

「幸せです!もうずっとずっと歌っていたい気持ちでいっぱいです!」と、ファンの前で歌える喜びを噛み締め「みなさんと会えた喜びや、愛おしさを次の曲に込めたいと思います」と告げ、本編ラストに「ALL FOR LOVE」を、温かく包み込むような優しい歌声で響かせた。



アンコールを意味する「奈々コール」が客席から聞こえてきそうなほど全力でブルーのペンライトを振るファンに応え、長さ約277cmのスニーカー型トロッコに乗った水樹が登場。久しぶりの再会を喜びながら満面の笑みを浮かべ客席へと手を振り「No Rain, No Rainbow」「POWER GATE」を歌唱する。定番の“シャッス”コールは今回のライブグッズの音声入りペンライトに収録されている音を使って、声が出せない中でもファンとの掛け合いを楽しんだ。


そしてここで水樹から嬉しいお知らせが。今年2022年の春にニューアルバムを出すことが決定。さらに4月放送開始のテレビアニメ『トモダチゲーム』の主題歌を担当。楽曲は既にレコーディング済みでタイトルは「ダブルシャッフル」になることも発表された。そしてさらに、今年7月16日から夏のライブツアーの開催を発表。47都道府県のうち、まだライブで訪れていない唯一の地、茨城県での公演も含まれることが明らかとなり、ライブ開催地全国制覇となるツアーの開催にファンと喜びをあふれさせた。

アンコール3曲目の「UPSETTER」は、2020年のライブが中止になってしまった際にリハーサルスタジオからミニライブという形でファンに披露された楽曲。自身が作詞作曲を手がけた等身大の応援ソングを、元気いっぱいに歌い上げ、「VIRGIN CODE」でステージ全体を駆け抜け、エネルギッシュな歌声を届けた。

鳴り止まない手拍子に応え再びステージへ戻る水樹。「まだ帰りたくないよね?」と観客に問いかけると「本当に待ちにまった時間なのでもう少しだけ歌ってもいいですか?」と問いかけるとこの日一番の大きな拍手が。バンドメンバーを呼び込み、最後の曲「深愛」を披露。「感謝と、深い愛を込めて歌いたいと思います」の言葉通り、感情いっぱいに歌い上げ惜しみない拍手が送られる中で幕を下ろした。


約2年間の会えなかった時間を埋めるように、みんなに喜んでほしい、感謝の気持ちを伝えたいという気迫あふれるパフォーマンスを見せてくれた水樹奈々。常に先を目指して走り続ける彼女は、夏のツアーでまた新たな景色をファンに見せてくれるだろう。

撮影◎上飯坂一 高田真紀子

セットリスト

<NANA MIZUKI LIVE RUNNER 2020 → 2022>
2022年1月4日(火)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1.Synchrogazer
2.DAYBREAKERS
3.ETERNAL BLAZE
[MC]
4.glitch
5.METANOIA
[Cherry Boysコーナー]
6.Knock U down
7.Lovely Fruit
8.Light Births Shadow
[MC]
9.花、星、空 -reunion-
10.innocent starter
[SHORT MOVIE]
11.Phase 21
[team YO-DA紹介]
12.Inside of mind
13.Love Fight!
[MC]
14.TRANSMIGRATION
[SHORT MOVIE]
15.Red Breeze
16.カルペディエム
[MC]
17.Get up! Shout!
18.SCARLET KNIGHT
19.Orchestral Fantasia
[MC]
20.ALL FOR LOVE

[ENCORE]
21.No Rain, No Rainbow
22.POWER GATE
[MC]
23.UPSETTER
[MC]
24.VIRGIN CODE

[W ENCORE]
25.深愛

この記事をツイート

この記事の関連情報