実在の巨匠指揮者率いる楽団にインスパイアされた感動作『クレッシェンド 音楽の架け橋』本編映像解禁

ツイート
(C)CCC Filmkunst GmbH
映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』が2022年1月28日(金)より全国公開される。

◆『クレッシェンド 音楽の架け橋』 関連動画&画像

“世界で最も解決が難しい”とされる紛争で、今この時も闘うパレスチナとイスラエルから、音楽家を夢見る若者たちを集めてオーケストラが結成される──。現実にはあり得ない物語に見えるが、実在の管弦楽団へのインスパイアから生まれたという驚きの映画が完成した。若者たちの対立と葛藤、恋と友情を彩るのは、誰もが知るクラシックの名曲の数々。和平コンサートが目前に迫った21日間の合宿で、激しく憎しみをぶつけ合う団員たち。ラストに待つ、誰も想像しなかった“魂の演奏”とは。若者たちを導くマエストロを演じるのは、『ありがとう、トニ・エルドマン』で絶賛されたペーター・シモニシェック。ヨーロッパからアメリカまで、様々な地域の国際映画祭で上映され、熱い喝采のもと4つの観客賞に輝いた感動作が、ついに日本でも奇跡のハーモニーを奏でる。


この度解禁された本編映像は、パレスチナ人のレイラが自宅で必死にヴァイオリンを練習しているシーン。部屋の外では暴動が起きており、爆撃音やサイレン、人々の言い争う声が聞こえてくる。すると突然、ある異変に気が付いた様子で、彼女は演奏を止め台所へ。なんとおもむろに玉ねぎを切り、断面の匂いを大きく吸い込み始めたのだ。苦しそうな表情を浮かべながらも、玉ねぎを嗅ぎ続けるレイラ。部屋に入り込んできた催涙ガスの痛みを玉ねぎが和らげる。今もイスラエルと闘い続けるパレスチナの人々の知恵である。そんな彼らの居住区では、戦車が走り、催涙弾や実弾が発射されることも決して珍しくはない。紛争地で生きる彼らの壮絶な日常を垣間見るようなワンシーンだ。そして再び練習を再開。なぜそこまでしてヴァイオリンを弾き続けるのだろうか。その答えは、壁に貼ってある世界的指揮者エドゥアルト・スポルクのオーディションのチラシに。彼女にとって、このオーディションは国際的な音楽家になるための一生に一度のまたとないチャンス。そのため、このような環境の中で命がけで練習しているのだ。果たしてレイラはオーケストラに合格し、音楽家としてパレスチナから世界に羽ばたくことができるのだろうか!? イスラエルとパレスチナで音楽家を夢見る若者たち。そんな彼らの物語をぜひ劇場でご覧いただきたい。

『クレッシェンド 音楽の架け橋』

2022年1月28日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、 シネ・リーブル池袋ほか全国公開

監督:ドロール・ザハヴィ 主演:ペーター・シモニシェック 2019 年/ドイツ/英語・ドイツ語・ヘブライ語・アラビア語 /112 分/スコープ/カラー/5.1ch/原題:CRESCENDO #makemusicnotwar/日本語字幕:牧野琴子/字幕監修:細田和江 配給:松竹 宣伝:ロングライド
(C)CCC Filmkunst GmbH

STORY世界的に有名な指揮者のエドゥアルト・スポルクは、紛争中のパレスチナとイスラエルから若者たちを集めてオーケストラを編成し、平和を祈ってコンサートを開くというプロジェクトを引き受ける。オーディションを勝ち抜き、家族の反対や軍の検問を乗り越え、音楽家になるチャンスを掴んだ20余人の若者たち。しかし、戦車やテロの攻撃に晒され憎み合う両陣営は激しくぶつかり合ってしまう。そこでスポルクは彼らを南チロルでの21日間の合宿に連れ出す。寝食を共にし、互いの音に耳を傾け、経験を語り合い...少しずつ心の壁を溶かしていく若者たち。だがコンサートの前日、ようやく心を一つにした彼らに、想像もしなかった事件が起きる──。

◆『クレッシェンド 音楽の架け橋』 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報