ローランド、デジタル管楽器「Aerophoneシリーズ」の新スタンダード・モデルを発売

ツイート

ローランドが、デジタル管楽器「Aerophone(エアロフォン)シリーズ」の新たなスタンダード・モデルとして、本格的なサウンドと演奏表現力、アプリとの連携によるレッスン機能を備えた『Aerophone AE-20』を1月29日に発売する。


「Aerophone」は2016年に誕生。ヘッドホンを接続すれば周囲へ聞こえる音を気にせず練習が可能。軽量かつ電池駆動にも対応している。管楽器は、音量の大きさから演奏する時間や場所に制約があるが、「Aerophone」はそのマイナスポイントを克服できた。また、息を吹き込む強さへの反応感度の調節も可能。さらに、1台で管弦楽器や民族楽器、シンセサイザーなど多彩な音を使って演奏できることや、アプリとの連携など、電子楽器ならではの楽しみ方ができる現在ではエントリーモデルからプロ仕様のモデルまで、4機種をラインアップしている。


▲「Aerophone シリーズ」(左から「Aerophone Pro」、「Aerophone AE-10」、「Aerophone GO」、「Aerophone mini」)

新発売の『Aerophone AE-20』は、「Aerophoneシリーズ」に新たに加わるスタンダード・モデル。最上位モデル「Aerophone Pro」と同等の高品位な音源とセンサーを搭載。サックスやトランペットなどさまざまな楽器の生々しく豊かなサウンドから、ライブ・ステージでも活躍する本格的なシンセサイザーのサウンドまで、265種類の多彩な音色を内蔵し、幅広いジャンルやスタイルで演奏を楽しめる。また、独自設計による高精度のブレス/バイト・センサーの採用により、管楽器ならではの繊細なニュアンスも表現。さらに、操作性や拡張性などが強化されたほか、スマートフォンやタブレットで使える専用のレッスン・アプリも用意。初心者でも、基礎から演奏の技術を磨くことができる。


『Aerophone AE-20』は、265種類の幅広い音色を内蔵。サックスやトランペット、フルートなどの特有の奏法まで実現するリアルで生々しい多数の音色は、管楽器演奏家からの意見を取り入れながら作成。バイオリンなどの弦楽器、尺八や二胡など民族楽器の表現力豊かなサウンドのほか、多彩な楽器の音色を用意。さらに、ライブ・ステージや楽曲制作にも活躍する、ローランド最新の「ZEN-Coreシンセシス・システム」によるシンセサイザー音色も搭載。サックスの深みのある豊かな表現から、フュージョンなどで使われるようなシンセサイザーの速いフレーズまで、吹奏楽器ならではの表現を実現する。


リード構造をともなった「Aerophone」のマウスピース内部には、マウスピースのリードを噛んでビブラート(音の高さを揺らすこと)やピッチ(音の高さ)の調整を可能にするバイト・センサー、吹き込む息の強さで音量や音色を変化させるブレス・センサーが搭載。『Aerophone AE-20』では、シリーズ最上位モデル「Aerophone Pro」と同等の高感度センサーを採用しており、繊細で豊かな表現が可能になっている。


『Aerophone AE-20』はBluetoothでスマートフォンやタブレットと接続が可能。好きな音楽を再生しながら一緒に演奏して、アンサンブル演奏も楽しめる。また、アプリ「Aerophone Lesson」(iOS/Android対応)では、基本的な楽器の構え方などのチュートリアル動画のほか、スケール練習や練習曲に気軽にチャレンジできるコンテンツを用意。初心者でも楽しく演奏を始めることができ、上達をサポートする。


中上級者向けには、細部にもこだわって自分好みの音作りができるアプリ「Aerophone Pro Editor」(iOS/Android対応)も用意。音楽制作用の高品位なシンセサイザー音源やソフトウェアを提供する、クラウド・ベースのプラットフォーム「Roland Cloud」との連携にも対応。管楽器のエキスパートが制作した追加音色を「Roland Cloud」からダウンロードしたり、アプリ「Zenbeats」や「Zentracker」を使った音楽制作にも活用できる。


製品情報

『Aerophone AE-20』
外形寸法:133(幅)×84(奥行)×632(高さ)mm
質量  :1,100g(電池含む)
電源  :ACアダプターもしくは単3形ニッケル水素電池6本
付属品 :ACアダプター、USBケーブル、マウスピース・キャップ、バンド、サム・フック・カバー、ウォーター・プロテクター、専用ハンド・キャリー・バッグ

また、島村楽器からは、『Aerophone AE-20』とのコラボレーションモデル『エアロフォン AE-20SC』が1月29日より販売される。


▲『エアロフォン AE-20SC』

このコラボレーションモデルは、同日にローランドより発売される「Aerophone AE-20」モデルをベースに、サックスをはじめとした管弦楽器、シンセサイザーなど通常の265の音色に加えて、管楽器に特化した32の音色をプラス。本体カラーは管楽器をイメージした高級感あるシャンパンゴールドを採用している。

この記事をツイート

この記事の関連情報