ゴールデン・グローブ賞、今年は“プライベート・イベント”として開催

ツイート

ゴールデン・グローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)は、1月6日、今年のセレモニーが“プライベート・イベント”となることを告知した。

レッドカーペットやゲストはなく、ライブ配信もせず、受賞者/作品はウェブサイトとソーシャル・メディアにて順次発表していくという。

第79回ゴールデン・グローブ賞は、今週日曜日(1月9日)に開催。2部門ある音楽カテゴリーでは以下の作品がノミネートされている。

   ◆   ◆   ◆

●主題歌賞
「Be Alive」(映画『ドリームプラン』より) Dixson、ビヨンセ・ノウルズ=カーター
「Dos Oruguitas」(映画『ミラベルと魔法だらけの家』より) リン=マニュエル・ミランダ
「Down to Joy」(映画『ベルファスト』より) ヴァン・モリソン
「Here I Am (Singing My Way Home)」(映画『リスペクト』より) キャロル・キング、ジェニファー・ハドソン、ジェイミー・ハートマン
「No Time To Die」(映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より) ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル

●作曲賞
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 アレクサンドル・デスプラ
『ミラベルと魔法だらけの家』 ジャーメイン・フランコ
『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 ジョニー・グリーンウッド
『Parallel Mothers』 アルベルト・イグレシアス
『DUNE/デューン 砂の惑星』 ハンス・ジマー

   ◆   ◆   ◆

アカデミー賞の前哨戦として毎年注目されてきた同アワーズだが、現在はその権威が失墜。昨年2月、ハリウッド外国人映画記者協会の会員87人の中に黒人が1人もいないことが明るみに出た上、会員が制作会社から接待を受けているとの疑惑が浮上し、批判を浴びた。ボイコットする人々が続出し、NBCも授賞式の放送を取り止めていた。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報