ジャザノヴァ、ニューAL『‘STRATA RECORDS - THE SOUND OF DETROIT REIMAGINED BY JAZZANOVA’』発表

ツイート

BBE MUSIC & 180 PROOFは、新作アルバム『STRATA RECORDS - THE SOUND OF DETROIT REIMAGINED BY JAZZANOVA』を発表する。

◆『‘STRATA RECORDS - THE SOUND OF DETROIT REIMAGINED BY JAZZANOVA’』 関連動画&画像


本作のアナウンス曲であるライマン・ウッダード・オーガニゼーション「Creative Musicians」のジャザノヴァによるリミックスと、ワジード、ヘンリク・シュワルツによるリミックスを収録した第1弾シングルが2022年1月21日(金)配信発売されることとなった。

1974年での初リリースからデトロイトを拠点に置くStrata Recordsは、短命な寿命で終わったにもかかわらず、多くの音楽ファンやヴァイナル・ディガーたちの間で神話的なステータスを得ているレーベルだ。ジャズ・ミュージシャンのケニー・コックス、チャールス・ムーアらにより創立された、独創性に富んだ革命的な本レーベルは、デトロイト仕込みのエモーショナルで生々しいソウルとジャズを出し伝説化され、近年セオ・パリッシュからジャイルス・ピーターソンまで、多くの方々から賛美をされているのはご存知の通り。

▲DJ Amir

2020年に行われた、DJアミール指導のKickstarterキャンペーンの成功を提げて、DJアミールと彼自身が主宰しているレーベル“180 Proof Records”は、BBE Musicとタグを組み『Strata Records - The Sound Of Detroit - Reimagined By Jazzanova』を“誇り高く”発表する。DJアミールはこの新たなフル・アルバム・プロジェクトに、ベルリンを拠点に置くクラブ・ジャズの重鎮DJユニット、ジャザノヴァに参加を呼びかけ、Strata Recordsのカタログの中から傑出した楽曲のリワーク、再解釈とリイマジンすることを依頼した。ジャザノヴァは自身の拠点であるベルリン(電子音楽の代名都市)の趣を、その音楽の基盤を取り組んだ都市(デトロイト)に本作を通して恩返ししようと本作で試みようとしている。

本作の第1弾のシングル「Creative Musicians」は、ワジードとヘンリク・シュワルツのリミックスがフィーチャーされている。本作は、単なるカバー・アルバムでは全くなくStrata Recordsという象徴的なレーベルの全く新しい祝賀のようだと言える。その証としてジャザノヴァによるライマン・ウッダード・オーガニゼーションの音楽声明的なリミックス「Creative Musicians」は、アフロビートに感化された管楽器のアレンジとリズム、切分的なテンポで全く目新しい解釈を披露しているのだ。また本作のフィーチャリング・シンガー、シーン・ハーフェリは元々米インディなポリス出身のシンガー。彼はこの楽曲に、若きギル・スコット・へロンに似たような歌唱で、リラックスな緊急性を表しているのも特徴だ。

「Creative Musicians」のリミックスに、DJアミールは20数年来の旧友である、伝説的なデトロイト出身のDJ/プロデューサー、ワジードをリミックスを依頼。彼はスペシャルな、天然色を保持しつつ現行の地元色が注入された、四つ打ちなミックスを手がけた。

一方ヘンリク・シュワルツは、エレクトロニック・ミュージック界の大御所であり、多数の傑作を出し続けていプロデューサー。彼自身による「Creative Musicians」のリミックスは、少し異なる方向性に行き、ジャザノヴァが本楽曲に構築した本来の要素を収めつつ、彼特有なサウンドを付け足し、フロアオリエンテッドなリミックスを提供している。また、この第一弾シングルにはライマン・ウッダード・オーガニゼーションによる、多くから愛し続けているカルト的な名作と評されているオリジナル・ヴァージョンも収録されている。


『STRATA RECORDS - THE SOUND OF DETROIT REIMAGINED BY JAZZANOVA』

2022年4月20日(水)
BBE MUSIC / 180 PROOF
OTLCD2600 ¥2,300+税(ボーナストラック、日本語解説付き)

◆BBE Music オフィシャルサイト
◆180 Proof オフィシャルサイト
◆ジャザノヴァ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報