フー・ファイターズ、ホラー・コメディ映画の公式予告編を公開

ツイート
Photo by Danny Clinch

フー・ファイターズのメンバーが制作、出演したホラー・コメディ映画『Studio 666』の新たな予告編が公開された。

◆フー・ファイターズ画像、動画

すでに昨年12月、“Sneak Peek(チラ見せ)”ヴァージョンが公開されていたが、今回、2分以上あるオフィシャル予告編で、その概要がさらに明らかとなった。10枚目のスタジオ・アルバム(『Medicine At Midnight』)を制作するため借りた家で起きた怪奇現象をコメディ・タッチで描いており、デイヴ・グロールが取りつかれてしまうようだ。

フー・ファイターズのメンバー6人ほか、レスリー・グロスマン、ウィル・フォーテ、Jenna Ortega、ジェフ・ガーリンらが出演。予告編にはライオネル・リッチーとスレイヤーのケリー・キング(G)も登場している。




映画はデイヴ・グロールのアイディアをもとに、Jeff BuhlerとRebecca Hughesが脚本を共同執筆し、スレイヤーのミュージック・ビデオやショート・フィルムを手掛けてきたBJ McDonnellが監督した。アメリカで2月25日から劇場公開される。

フー・ファイターズが2021年2月にリリースした最新アルバム『Medicine At Midnight』は、実際、映画の舞台となったロサンゼルス・エンシノにあるこの家でレコーディングされた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報