ザ・ロネッツのロニー・スペクター、死去

ツイート

「Be My Baby」「Baby, I Love You」「Walking In The Rain」などのヒット曲で知られる、60年代に人気を博した女性ヴォーカル・グループ、ザ・ロネッツのリード・シンガー、ロニー・スペクター(ヴェロニカ・ベネット)が亡くなった。78歳だった。

◆ロニー・スペクター画像

彼女の家族は1月12日、「地上に舞い降りた私たちの最愛の天使、ロニーが癌との短い闘病の末、今日、安らかにこの世を去りました。家族に見守られ、夫ジョナサンの腕の中で」と訃報を伝えた。

「ロニーは、輝く目、快活な立ち振る舞い、最高のユーモア、そして笑顔と共に人生を送ってきました。彼女は愛と感謝で溢れていました。あの楽しいサウンド、遊び心に満ちた性格、魔法の力を持つ存在感は、彼女を知っていた、聴いた、見た人たちみんなの中でこの先も生き続けることでしょう」

追悼式については今後発表するという。献花の代わりに、女性たちのシェルターもしくはAmerican Indian College Fundへ寄付してほしいと呼びかけている。

ロニーは50年代後半、姉エステルと従妹ネドラとドリー・シスターズを結成。その後、ザ・ロネッツと改名し、プロデューサーのフィル・スペクターと契約すると、アメリカのみならず世界的にブレイクした。ロニーは1968年から1974年までスペクターと結婚していた。

ザ・ロネッツ解散後、ロニーはソロ活動を続け、多くのミュージシャンとコラボしてきた。



ザ・ロネッツは2007年にロックの殿堂入りした。2009年にはロニーの姉、エステルが癌により67歳で亡くなっている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報