AKAI Professional、スピーカー内蔵ミニキーボードコントローラー新製品「MPK mini Play mk3」発表

ツイート

「MPK mini Play mk3」は、ひらめいたアイディアを逃さず、いつどこででも楽曲制作や演奏ができるポータビリティーに優れたキーボード。

◆「MPK mini Play mk3」 関連画像


約14時間のバッテリー駆動が可能のため、電源アダプターや充電の心配がない。またスピーカーが内蔵されているため外部スピーカーへの接続を必要としない。新たにデザインされた内蔵スピーカーは音量や低音域の出力がより強力になり、演奏やジャムセッションをより楽しむことができるようになった。

アコースティック・ピアノやエレクトリック・ピアノ、シンセリードやパッドなど、128種類以上の楽器やドラムキットを含む内蔵音源と新たな内蔵スピーカーの組み合わせにより、さらに充実した音楽体験が可能で、リアパネルにはヘッドホン接続端子(3.5mmステレオミニプラグ)を搭載。深夜のプライベートな練習も気兼ねなく行うことができる。


新たに第2世代キーベッドを採用し、あらゆるキーボードプレーヤーのパフォーマンスに対応。この新しいキーベッドはダイナミックな演奏と正確なベロシティ・レスポンスにより、様々なスタイルの演奏やバーチャルインストゥルメント使用時にも思いのままの演奏を実現可能だ。8つのドラム・パッドはベロシティ対応のMPCスタイル・パッドにアップグレードされ、ドラム・パートの演奏に最適な打感とレスポンスを備えている。USBクラスコンプライアントによりプラグアンドプレイでの使用に対応し、音楽制作時には使用しているDAWと簡単に接続することができる。4つのロータリー・エンコーダー・ノブはパンやオートメーションなどのMIDIパラメーターを自在にコントロールし、精密なエディットが可能。コンパクトで頑丈な設計の本機は、バックパックに入れて、お気に入りの音楽制作アイテムと一緒に安全に持ち運ぶことができる。

さらにMPCワークフローのもっとも優れた部分を取り入れたパワフルなDAWソフトウェアDAW「MPC Beats」(Mac/PC用)を付属。インストゥルメント・プラグインやエフェクト・プラグイン、オーディオとドラムのサンプルなどヒット作を生み出すのに必要なコンテンツを豊富に収録。加えて、パワフルなポリフォニック・アナログ・シンセ音源Hybrid 3、アコースティック・ピアノ音源Mini Grand、ビンテージ・エレクトリック・ピアノ音源Velvetなど、サウンドデザインにおいて数々の賞を受賞しているAIR Music Technology製のプラグイン・インストゥルメントが複数搭載されているのもうれしい。


Melodicsはコンピュータやタブレットなどにダウンロードして使用できるピアノ/ドラムレッスン用ソフトウェアで、楽しみながらキーボード/パッドコントローラー/電子ドラムのスキルアップができる。Melodicsには様々なレッスンがあり、自分のペースでレッスンを進めることができる。好みの音楽ジャンルの楽曲を再生しながら楽しく練習でき、自身の演奏へのフィードバックも得られることが特徴だ。


「MPK mini Play mk3」

2022年1月20日(木)
価格:オープン(税込市場想定価格: 15,500円)
■製品仕様
電源:USBバスパワー / 単3アルカリ電池4本
サイズ(W x D x H):31.7 x 17.8 x 5.8 cm
重量:0.9 kg

◆AKAI Professional オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報